よく読んで頂いている人気の記事はこちら

よく読んで頂いている記事をラインナップしました。

メーカーでは絶対にできないテレビの選び方紹介

2021年7月25日

テレビが欲しいと思ったときに家電量販店に行って、結局価格で決めてしまった経験はありませんか?

それではもったいないので、ここで先にテレビについて予習してみてください。

メーカーでは絶対にできないテレビの選び方紹介します。

スポンサーリンク

どのテレビが良いのか分からない

メーカーの特徴などよくわかりません。

だから、どのメーカーのどのテレビが良いのか分からないのです。

たくさん置かれていて、どこの何を見たらいいのか分からなくなってしまいます。

 

本当に買うことを想定した比較をしたサイトはありませんでした。

そこで、2021年7月現在で日本で販売されている主要メーカーのテレビをすべて紹介して比較してみました。

テレビ売り場は薄暗い

ちなみに、どこのメーカーが高くて、どこのメーカーが安いのかは、特定の機種で比較してみました。

■テレビが安いメーカーを調査した結果

⇒ コスパのいいメーカーはどこだ!?


そのほか、テレビを選ぶときに必要な情報をまとめました

■テレビを買う時に失敗しないために
⇒ 【2021年】失敗しないテレビ選び!テレビを買う時に注意したい3つのポイント

■「有機EL VS 液晶テレビ」今買うべきはどちらだ!?
⇒ 2021年だったら有機ELテレビと液晶テレビどちらを買うべきなのか

■「8K」「4K」「フルHD」今買うべきはどれだ!?
⇒ 2021年最適な「画質」の選択肢とは!?

■テレビの画面サイズを決める方法はメーカーによって考え方が違っていた
⇒ 意外と奥が深い最適なテレビサイズの決め方とは

■テレビに「倍速表示」は必須なのか?新技術もあった!
⇒ テレビに「倍速表示」は必須なのか!?仕組みと効果を調べてみた

■あなたに必要なテレビチューナーの数はこちら
⇒ テレビに必要なチューナーの数っていくつなのか

■VODサービスに対応していてもAmazonプライムビデオが見れるとは限らない
⇒ テレビの大画面でAmazonプライムビデオを見るために必要なこと

■VODサービスで使いたいはこれだ
 みんな使ってる人気のサービストップ3を公開

 


 

Panasonic(パナソニック)

価格は少し高めでも、画質がきれい。

他のメーカーの持っている機能は全て取り入れている。

パネルサイズは売れ筋のサイズを中心に発売している。(80インチとかはない)

テレビCMや店頭でのポップが上手くて欲しくなる。

パナソニックのテレビの特徴

パナソニックのテレビ型式一覧

シリーズパネルの種類画素数サイズパネル方式倍速表示チューナーVOD発売備考
JZ2000有機EL4K65/55地x3/BSx3/4Kx22021/4
JZ1000有機EL4K65/55/48地x3/BSx3/4Kx22021/4
JX950液晶4K75/65/55IPS地x3/BSx3/4Kx22021/4
JX900液晶4K75/65/55IPS地x3/BSx3/4Kx22021/3
JX850液晶4K49/43IPS地x3/BSx3/4Kx22021/3
JX750液晶4K65/58/50/40VA地x2/BSx2/4Kx22021/4
HX950液晶4K65/55IPS地x3/BSx3/4Kx22020/5
HX900液晶4K75/65/55VA地x3/BSx3/4Kx22020/5
GR770液晶4K49/43IPS地x3/BSx3/4Kx22019/12
H300液晶2K32/24VA地x2/BSx2/4Kx02020/9

ほとんどが4Kで、パネルの種類は大画面程IPS(斜めからでもきれいに見える)

全てのシリーズでチューナーが複数あって、ダブル録画可能。

VOD(動画配信サービス)もほとんどが付いている。

至れり尽くせりで日本メーカーらしい仕様。

 

⇒ 液晶はVAとIPSではどちらが優れているのか!?

 


SONY(ソニー)

8Kも発売しているし、大画面にも挑戦していて新しいことに取り組んでいると思える。

実際に映像を見るとすごくきれい。

もっと評価が高くても良いと思うけれど、市場ではそれほど評価は高くないみたい。

宣伝のしかたが少し下手。

2021年4月からチューナーの数を増加しました。

まだまだレコーダーを使うことが常識なので、そんなにチューナーが必要なのか!?

ソニーのテレビのイメージ

ソニーのテレビ型式一覧

シリーズパネルの種類画素数サイズパネル方式倍速表示チューナーVOD発売備考
A90J有機EL4K83/65/55地x3/BSx3/4Kx32021/4
A80J有機EL4K77/65/55地x3/BSx3/4Kx32021/6
X95J液晶4K85/75/65地x3/BSx3/4Kx32021/4
X90J液晶4K75/65/55/50地x3/BSx3/4Kx32021/4
X85J液晶4K75/65/55/50/43地x3/BSx3/4Kx32021/4
X80J液晶4K75/65/55/50地x3/BSx3/4Kx32021/5
A8H有機EL4K65/55地x2/BSx2/4Kx22020/6
A9S有機EL4K48地x2/BSx2/4Kx22020/7
A9G有機EL4K77/65/55地x2/BSx2/4Kx22019/6
Z9H液晶8K85地x2/BSx2/4Kx22020/3
X9500H液晶4K75/65/55/49地x2/BSx2/4Kx22020/5
X8550H液晶4K65/55地x2/BSx2/4Kx22020/6
X8500H液晶4K49/43地x2/BSx2/4Kx22020/4
X9500G液晶4K85/75/65/55/49地x2/BSx2/4Kx22019/6
X8550G液晶4K49/48地x2/BSx2/4Kx22019/6
W730E液晶FHD43/32地x2/BSx2/4Kx02017/2
W500E液晶HD32地x2/BSx2/4Kx02017/9
W450E液晶HD24地x2/BSx2/4Kx02017/9

パナソニックと比較すると、4Kのチューナー数が多い

4K放送もダブル録画が可能(そこまで必要なのか!?)

 

※斜めから見ても画面が暗くならない、色が薄くなったりしないIPSは日立の技術なので、ソニーは独自技術「X-WideAngle」を採用している。

ソニーのメーカー仕様表には「IPS/VA」の欄がなく、どちらなのか不明。

効果は見た感じではIPSと同等かそれ以上と判断していいみたい。

とにかく速い動きに強い。

映像がブレない、流れない。

個人的には好みの映像。

 

価格コムだと「IPS」と言う選択項目があり、ソニーのテレビは1台も出てこない。

損をしていると思う。

 


TVSレグザ(東芝)

「全チャンネル録画」と言う概念を作り出した「タイムシフトマシン」が最大の武器

テレビとの付き合い方が変わった。

テレビなのに地デジチューナー数9と言うのはレグザだけ。(レコーダーではパナソニックが真似している)

レグザのイメージ

2018年2月テレビ部門の東芝映像ソリューション(現TVSレグザ)は持ち株比率95%がハイセンス、5%が東芝となっていて、ハイセンス傘下となった。

2021年3月から東芝映像ソリューション→TVSレグザに商号変更。

TVSレグザ(東芝)のテレビ型式一覧

シリーズパネルの種類画素数サイズパネル方式倍速表示チューナーVOD発売備考
X9400S有機EL4K65/55/48地x9/BSx3/4Kx22021/4
X9400有機EL4K77/65/55/48地x9/BSx3/4Kx22020/9
X8900K有機EL4K65/55/48地x3/BSx3/4Kx22021/6
X8400有機EL4K55/48地x3/BSx3/4Kx22020/6
Z670K液晶4K65/55/50/43広視野角地x3/BSx3/4Kx22021/6
Z740XS液晶4K65/55/50VA地x9/BSx3/4Kx22021/3
Z740X液晶4K65/55/50VA地x9/BSx3/4Kx22020/2
Z730X液晶4K65/55/49/43VA地x9/BSx3/4Kx22019/6
M550液晶4K75VA地x3/BSx3/4Kx22021/8
M540X液晶4K75/65/55/50/43VA地x3/BSx3/4Kx22020/6
C350X液晶4K55/50/43VA地x2/BSx2/4Kx12020/11
V34液晶FHD40/32/24VA地x2/BSx2/4Kx02020/9
S24液晶HD32/24/19VA地x2/BSx2/4Kx02020/4
S22液晶FHD40/32/24/19VA地x2/BSx2/4Kx02019/6

視野角についての記述がほとんどなく、分かりにくい。

メーカー仕様表には「IPS/VA」の欄がなく、どちらなのか不明。

 

Z670Kについては「広視野角の新パネル採用」と言う記事を見つけたので、「広視野角」と記載。

レグザは基本的にVAパネルみたいで、斜めから見ると白みがかった映像になる傾向みたい。

店頭でZ740XSを見てみたが特に気にならず。

 


Hisense(ハイセンス)

ハイセンスは中国メーカー。

中国と侮るなかれ、2021年現在、日本での販売シェア第1位のメーカーです。(日本で一番売れているのはハイセンスのテレビってこと)

55A6Gのイメージ

スポンサーリンク


何がそんなにすごいのか、筆者が実際に買っての(提供ではなく!)ガチレビューがこちらです。

⇒ 【ハイセンス】A6Gシリーズのスペック比較と型落ち品との比較!日本販売シェア1位の秘密とは!?

 

映像エンジンは、東芝(ハイセンスの子会社)の物を使っているので、日本人好みの映像になっている印象。

「なんだかんだ言って日本製品が一番」とかいまだに言っている情弱は、下の「三菱電機」、「日立」がどうなっているかご覧ください。

ハイセンスのテレビ型式一覧

シリーズパネルの種類画素数サイズパネル方式倍速表示チューナーVOD発売備考
X8F有機EL8K55/48地x3/BSx3/4Kx12021/2
U8F液晶4K75/65/55/50VA地x3/BSx3/4Kx12020/6
U7F液晶4K65/55/50/43VA※1地x3/BSx3/4Kx12021/5
S6E液晶4K65/58VA地x3/BSx3/4Kx12020/2
A6G液晶4K75/65/55/50/43ADS※2無※3地x2/BSx2/4Kx12021/7
E6G液晶4K65/50/43ADS※2無※3地x2/BSx2/4Kx12021/4
F68E液晶4K50/43VA地x2/BSx2/4Kx02020/24Kチューナーなし
A40G液晶FHD40/32/24VA地x2/BSx2/4Kx02021/5
A45G液晶FWXGA32VA地x2/BSx2/4Kx02021/5
A30G液晶FHD40/32VA地x2/BSx2/4Kx02021/2
A35G液晶FHD32/24/22/19VA地x2/BSx2/4Kx02021/4
H38E液晶FHD40/32VA地x2/BSx2/4Kx02020/2

すごくたくさんラインナップされていたので、他社に合わせて2020年以降発売の製品のみラインナップしました。

 

4Kチューナーが1つと言うと心許なく感じますが、実際に見てみるといくつも番組がありません。

ほとんどが通販番組だし・・・

専用のアンテナを設置して、2倍以上の番組が見れるようにしたとしても裏番組を録画することがあるのか・・・結局1つで十分だと思います。

 

色々考えると「A6G」が最もコスパが良いです。(筆者はこれを選んだ!)

「A6G」と「E6G」の違いは分からない・・・

E6Gには、「55インチ」がないので、サイズで選ぶものなのかもしれない。

 

※1 ワイドビューアングル機能があって、斜めから見ても白く色抜けしません。

※2 ADSは海外の名称で、日本のIPSと同様に斜めから見ても色あせないパネルです。

⇒ IPSとADSでは何がどうちがうのか

※3 倍速表示はないけれど、SMR120で残像は感じられない。

 

LGエレクトロニクス

ハイセンス(中国)を出したならば、LG(韓国)も扱わないわけにはいきません。

パネル単体ではLGが世界シェアNo1です。

 

LGのテレビ型式一覧

シリーズパネルの種類画素数サイズパネル方式倍速表示チューナーVOD発売備考
OLED**G1PJA有機EL4K65/55地x3/BSx3/4Kx22021/5
OLED**C1PJB有機EL4K83/77/65/55/48地x3/BSx3/4Kx22021/5
OLED**B1PJA有機EL4K65/55地x2/BSx2/4Kx12021/6
OLED**A1PJA有機EL4K77/55/48地x2/BSx2/4Kx12021/3
QNED99JPA液晶8K86IPS地x3/BSx3/4Kx22021/7
QNED90JPA液晶4K86/75/65IPS地x2/BSx2/4Kx12021/8
NANO90JPA液晶4K86/75/65/55IPS地x2/BSx2/4Kx12021/5
NANO85JPA液晶4K50IPS地x2/BSx2/4Kx12021/5
NANO76JPA液晶4K75/65/55/50/43IPS地x2/BSx2/4Kx12021/5
NANO75JPA液晶4K75/65/50/43IPS地x2/BSx2/4Kx12021/7
8000PJB液晶4K65/55/50/43IPS地x2/BSx2/4Kx12021/5
7700PJB液晶4K50VA地x2/BSx2/4Kx12021/7
95JNA液晶4K55IPS地x3/BSx3/4Kx22020/11
OLED**ZXPJA有機EL8K88/77地x3/BSx3/4Kx22020/6
OLED**BXPJA有機EL4K65/55地x2/BSx2/4Kx12020/4
8100PJA液晶4K55IPS地x2/BSx2/4Kx12020/9

さすがパネルメーカー、と言いたくなるほど1年でたくさんの種類の製品を販売しています。

しかも、大型パネルが多い。

でも、意外と8Kはあんまりないかも。

正直、どれを選んでもスペック的にダメと言うことはないでしょう。

 

街の家電量販店などで映像を確認して気に入れば良いと思います。

 


SHARP(シャープ)

シャープはパネルの国内生産にこだわってきました。

ブランド名は「IGZO液晶ディスプレイ」。

液晶のこだわるあまり有機ELでは出遅れ、2020年にやっと有機ELテレビを投入してきた。

しかし、パネルは海外調達で、調達元は非公開(LG?)。

有機ELの方では、「IGZO」ブランドは使っていない。

 

2016年シャープのブランドだった「亀山工場」を含めてシャープ自体が鴻海(ホンハイ)傘下になった。

ちなみに、亀山工場ではテレビ用ではなく、スマホ用などの小~中の液晶を作っている。

シャープは液晶パネルを日本国内で作っている最後のメーカーだが、全機種ではなく、一部にとどまっている。

また、どのサイズが自社生産なのか明らかにされていない。

 

テレビCMも記憶にないし、店頭でのポップもあまりインパクトがないし、広告にお金がかけられないのかな。

製品自体は悪くないので、上手に宣伝した方がいいかも。

シャープのテレビ型式一覧

シリーズパネルの種類画素数サイズパネル方式倍速表示チューナーVOD発売備考
8T-C**DW1有機EL8K70/60地x3/BSx3/4Kx22021/6
8T-C**CX1有機EL8K70/60地x3/BSx3/4Kx22020/4
4T-C**DS1有機EL4K65/55地x3/BSx3/4Kx22021/5
4T-C**DQ1有機EL4K65/55地x3/BSx3/4Kx22021/5
4T-C**CQ1有機EL4K65/55/48地x3/BSx3/4Kx22020/5
4T-C**DN1液晶4K70/65/60/55VA地x3/BSx3/4Kx22021/5
4T-C**DN2液晶4K50/43VA地x3/BSx3/4Kx22021/5
4T-C**DL1液晶4K65/50/43VA地x3/BSx3/4Kx22021/5
4T-C**DJ1液晶4K42VA地x3/BSx3/4Kx22021/6
4T-C**CN1液晶4K70/60/55/50/43VA地x3/BSx3/4Kx22020/6
4T-C**CL1液晶4K55/50/43/40VA地x3/BSx3/4Kx22020/5
4T-C**CH1液晶4K65/55/50VA地x2/BSx2/4Kx22020/10
2T-C**DE液晶4K32/24/22/19VA地x2/BSx2/4Kx02021/2

※メーカーサイトでは54機種もラインナップされたいたが、他メーカーにそろえ、2020年以降発売の物に絞った。また、小型防水も除外した。

一昔前のシャープの映像は、速い動きだとすぐにブレて見にくかった。

2021年7月に家電量販店に行って確認したところ、かなりきれいになっていた。

 

パネルサイズが、他社にないサイズのものがあり、単純比較がしにくくなっている(戦略?)

「70」とか「60」とかのサイズは他にない。

 

メーカー仕様表には「IPS/VA」の欄がなく、どちらなのか不明。

視野角についての記述もないので、独自技術で何とかしているのか!?

店頭で見た限り、斜めから見ても色が白くなったりは気にならなかった。

 


三菱電機

三菱電機と言ったら、冷蔵庫などのCMは思い出すけど、テレビのイメージがない。

メーカーホームページを見てもあまりやる気が感じられない。

ブルーレイが録画・再生できるのは他社と明確に違う点。

もはやテレビと言うよりは「テレビデオ(なつかしい)」。

別の製品と考えても良いだろう。

三菱のテレビ型式一覧

シリーズパネルの種類画素数サイズパネル方式倍速表示チューナーVOD発売備考
LCD-A**RA2000液晶4K58/50/40地x3/BSx3/4Kx2有※2019/10ブルーレイ録画再生機能付
LCD-A**BHR11液晶FWXGA40/32地x3/BSx3/4Kx0有※2019/5ブルーレイ録画再生機能付

2021年発売の商品がなく、2019年の物だけだったので、それをラインナップしました。

各VODは「有」と言っていいのか・・・「RA2000」の方は、「Youtube」と「TSUTAYA TV」だけ、「BHR11」の方は、「TSUTAYA TV」だけ。

 


日立

調べてみたら、2018年にテレビから撤退していた。

撤退前は「Wooo(ウー)」と言うブランドで展開していた。

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています