よく読んで頂いている人気の記事はこちら

よく読んで頂いている記事をラインナップしました。

テレビの画質で「4K」「2K」「HD」とは結局どういうことなのか

テレビを選ぶとき、HD、FHD、2K、4K、8Kとあるのですが、どれを選べばいいのでしょうか?

そもそもどう違うのか、何となく選んでしまっています。

このページでは、「画質」について詳しくお知らせしたいと思います。

これだけ知っていれば、「画質の達人」です。

スポンサーリンク

画質ってなに?

「画質」とは、その字のごとく、画面の質について数値で表したものです。

テレビの画面を想像してみてください。

55A6Gのイメージ

 

この映像は点の集合体でできています。

ドットのイメージ

つまり、この点が多い程緻密な画像になると言うことです。

テレビで見るときの大きさは、画面のサイズによって決まっているので、ある画像を表したとき使われている点(ドット)が多い程、きれいな映像になります。

画素数

画素数を極端に減らして、同じ画像を表示させると上図の様にボケた様な映像になります。

 

1枚の映像をどれくらいの点で表しているかを示しているのがこちらの図です。

8Kの説明

「HD」は1280×720です。

「HD」と「フルHD」は似ていますが、横の点の数を比較しても、1280と1920でちょっと違います。

使われている点の数を比較すると半分程度しかないことが分かります。

画素数点の数フルHDとの比較
HD1280×720921,6000.44倍
フルHD・2K(FHD)1920×10802,073,600
4K(QFHD)3840×21608,294,4004倍
8K(UHD)7680×432033,177,60016倍

 

「フルハイビジョン・2K(FHD)」と「4K」を比較すると、2倍ではなく、縦2倍×横2倍で4倍きれいなのです。

スポンサーリンク


 

ちなみに、2K(フルハイビジョン)の場合、横が1920なので、ざっくり2000です。

そこで、1K=1000であることから、「2K」と呼んでいます。

 

だから、4Kの横は、3840で、ざっくり4000と考え、「4K」と呼びます。

 

 

4K以上って必要なの?

こちらの2枚の写真では、どちらが画質が良いでしょうか?

画質の違い

実は両方は異なる画質で作成しました。

左の方がきれい(左の方が右に対して4倍の画質)でした。

あんまりわかりませんでしたか?

 

地デジって2K放送です。

電波が2Kの時は分かりやすかった。

電波が2K

2Kでも十分きれいな映像の場合、それよりもきれいな映像の4Kって必要でしょうか!?

 

4Kを受信して、映し出す能力があるテレビがあっても、地上波の映像は2Kで発信されています。

元(電波)が2Kなのに、4Kテレビが必要なのかと言う話があります。

4Kテレビ

 

どんな画質も4K画質にアップコンバートする

最近のテレビでは、どんな画質でも自動的に「4K」画質までアップコンバート(上位変換)できる機能があるのです。

ハイセンスのアップコンバート

ハイセンスのHPより

 

ハイセンスのHPが分かりやすい説明をしていました。

 

「2K」と「4K」とを見比べると、明らかに「4K」の方がきれいな映像です。

出来るだけきれいな映像で見たいと思ったら、やっぱり2Kより、4Kの方でみたい。

 

電波が2Kでも、テレビがアップコンバートしてくれるので、従来よりもきれいな映像が楽しめます。

「2K」と「4K」と言う選択肢があったら、「4K」の方が良いでしょうね。

 

4Kの方が選択肢が多い

2021年7月時点で販売されている主要メーカーの商品を全てピックアップしました。

⇒ 2021年7月販売の主要メーカーの全商品

 

「HD」や「フルHD」の商品に対して、「4K」の商品の方が圧倒的に多いです。

4K商品が毎年発売されているのに対して、2K商品は2年に1度とかの発売です。

 

価格差があり得ないほどあるのならば、選択肢と考えてもいいでしょうが、素直に4Kを選んだ方が労力は少なく、最高の結果になると思います。

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています