クレジットカードをうまく使い分けるための基礎知識

クレジットカードをお持ちですか?

各クレジットカードの性格を理解することでかなりお得だとご存知でしたか?

あなたは知っていましたか?

カードの色々をまとめてみました。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


 

クレジットカードはどこも同じようで、色々と違った性格を持っています。

それを理解すると使い分けがやりやすくなります。

ショッピング

流通系クレジットカード

スーパーやデパート、コンビニなど、小売店が発行しているクレジットカードのことを言います。

イオンカード、セゾンカード、ファミマTカードなどがあり、種類としてはかなりたくさんあります。

 

流通系クレジットカードのメリット

カード発行のお店やその系列のお店で割引が受けられたり、特別なポイントが付いたり、プレゼントがもらえたりして有利です。

小銭が要らなくなったりするので、スマートに決済ができると人気です。

特にコンビ二などでは小銭のやり取りは本当に面倒です。

流通系のカードのほとんどはコンビニで使えるので1枚は持っておきたいカードと言えます。

食料品やトイレットペーパー、衣服など必需品でポイントが貯まるので事実上の割引と考える人も少なくないのです。

小売店としては、自社で買ってくれるお客さんが増えるのでメリットがある。

そのため、年会費無料の物がほとんど

 

流通系クレジットカードの例

イオンやマックスバリューなどで有利に使える。

イオンカード

WAONカード

⇒ 【公式サイトを見る】イオンカード(WAON一体型)

楽天市場をはじめとする楽天関係全てで有利なカード。

持つだけで大量にポイントがもらえるのも特徴。

インパクトのあるテレビCMで知名度も抜群。

楽天カード

楽天カード

⇒ 【公式サイトを見る】楽天カード

 

航空系クレジットカード

航空系クレジットカードとは、これも俗称です。

JAL(日本航空)やANA(全日空)などの航空会社が発行しているクレジットカードのことです。

JALカード、ANAカードが有名ですが、実は、クレジットカードの発行管理まで行っているのはJALカードだけだったりします。

ANAカードは大手クレジットカード会社と提携してクレジットカードを発行しているだけなのです。

自社でやっている分、JALカードの方が独自サービスを作りやすいのです。

他社との差別化に期待です。

 

航空系クレジットカードのメリット

旅行が好きならマイルを貯めたいですよね。

効率的にマイルを貯めるためには航空系クレジットカードが有利です。

出張で使ったマイルをプライベートの旅行に使うなどもよくある話。

また、普段の買い物でもマイルが貯まります。

 

航空系クレジットカードの例

航空系カードの筆頭と言えば、JALカードと言えます。

JALカード

JALカード

⇒ 【公式サイトを見る】マイルがたまる「JALカード」

 

ガソリン系クレジットカード

ガソリン系クレジットカードとは、ガソリンスタンド関係の企業や、そのグループ企業が発行しているクレジットカードのことを指します。

俗称なので、カードにはそんなこと書かれていませんからね(^^

ガソリン系クレジットカードと言う呼び名の他に、オイルカードとか、石油系カードなど、ガソリンにちなんだ同様の名前で呼ばれることもあります。

 

ガソリン系クレジットカードのメリット

ガソリン系のクレジットカードのメリットと言えば、なんといってもガソリンが安くなることです。

単にそのカードで支払うだけで割引が適用されます。

いつも利用しているスタンドのカードがあったら積極的に使うといいでしょう。

利用をガソリンなど自動車関係に限定しておけば、請求書を見たら、1か月の燃料代が一目でわかるなどのメリットもあります。ちょっとした自動でつけられる小遣い帳になります。

年に1度でも使うと年会費無料など、持っているデメリットはほとんどないと言えます。

自動車を持っている人は絶対作るべき。

 

ガソリン系クレジットカードの例

ガソリン系クレジットカードとは以下のようなものがあります。

シェルのカードなのにポンタも貯まると言う、2重ポイントが付くと言う掟破りのクレジットカード。

シェルポンタカード

シェルPontaクレジットカード

⇒ 【公式サイトを見る】【Ponta最強クラス】シェルPontaクレジットカード

  自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた





スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


コメントを残す