ゆうちょ銀行のトークンの電池交換が自分でできないかトライしてみた

ゆうちょ銀行のゆうちょダイレクトで振り込みの時に使うトークン。

いつの間にか電池が切れてしまいますよね。

電池交換が自分でできないか試してみました。

スポンサーリンク

ゆうちょダイレクトのトークンの電池

ゆうちょダイレクトのトークンとはこんなものです。

ゆうちょダイレクトのトークン

 

電源ボタンを押すと1分間だけ有効なパスワードを自動発行してくれる機械です。

こいつがいつの間にか、電気が切れてウンともスンとも言わなくなります。

つまり、振り込みができない・・・

 

もしかしたら、このページをご覧のあなたは現在お困りかも・・・

このページを最後まで見て頂いたら、問題は解決します。

 

トークンの電池はどれくらいで切れるのか

トークンの電池って実際どれくらい持つのでしょうか。

ゆうちょダイレクトのサイトによれば、5年程度となっていました。

トークンの電池の寿命

 

ちなみに、電池が切れたらトークンごとの交換で、交換のたびに1,650円かかるそうです。

うーん、電池切れのたびに1650円取られるのってなんかシャクですよね。

 

電池交換は出来るのか

ゆうちょ銀行的には、トークンの電池は交換できない、と言っているようなので、自分で交換できないかトライしてみました。

とりあえず、裏のフィルムをはがしてみました。

トークンの電池交換

電池カバーが見えました。

ボタン電池みたいですね。

なんか簡単そうです。

これだけで1650円って・・・ぼったくりかよ、そう思っていました。

 

この電池カバーがとにかく外れない!

念のために、表側も見てみると・・・

トークンの分解

こちら側はボタン用のパターンがありました。

電池は全く見えないので、こちら側から電池交換はできないみたいです。

 

壊すの覚悟で裏側の電池おさえを外してみました。

人身御供で良いんです・・・(涙)

トークンの電池交換

スポンサーリンク


なんか、爪が壊れました・・・

とりあえず、電池が外れる状態になりましたが、元に戻すことは出来ないみたいです。

 

電池は取れました。

トークンの電池

CR2016が付いていました。

楽天でも200円くらいで売られています。

 

100円ショップでも売られていることが多いので、興味のある場合はトライしてみてください。

 

さて、ボタン電池を準備してみました。

トークンのボタン電池

さて、トークンに入れなおしてみました。

トークンの電池

動きゃあしないです。

一度電池を外したら、何かがリセットされるのか、壊した電池押さえがパターンの一部だったのか、とにかくもう動きませんでした。

 

どうすれば振り込みができるのか

トークンの電池が切れてしまったら、ゆうちょダイレクトの振り込みができないですよね。

では、どうすれば振り込みができるようになるのか、調べました。

 

まずは、1,650円だして、新しいトークンを送ってもらう方法です。

ゆうちょダイレクトのサイト内から手続きができます。

ただ、トークンが届くまで結構時間がかかります。

ここでは、別の方法を考えましょう。

 

電池交換を自分でする方法は、ダメでした。

電池の交換は何とかできたとしても、トークンが機能しなかったのです。

 

第3の方法として、別の方法で認識する方法があります。

それは、「ゆうちょ認証」と言うアプリです。

ゆうちょ認証

このアプリは指紋認証ができ、ゆうちょダイレクトで振り込みの時に、トークンを使う必要がなくなるのです。

 

まとめ

ゆうちょダイレクトで使う「トークン」は、5年くらいで電池が切れる。

交換を依頼すると、新しいトークンが送られてくるけれど、1,650円かかる。

 

電池交換を自分でやってみても、トークンは復活しない。

トークンを使わないでゆうちょダイレクトにおいて、振り込む方法としては、ゆうちょ認証と言うアプリをインストールすればOKなのです。

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています