【ケーキ屋の裏話】12月のケーキは買うな!ケーキがマズイ3つの理由

12月のクリスマスには、誰でもケーキを買うと思います。

12月24日にまとめて作ることなど不可能です。

ケーキ屋さんは、ケーキの作り置きをしています。

では、いつごろから作り置きしているのか!?

ケーキ屋さんからの情報を元に裏事情お知らせします。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

クリスマスケーキの準備で忙しい

クリスマスのある12月は、どこのケーキ屋さんも忙しいです。

多くのケーキ屋さんが、11月中旬~12月になったら既にケーキ作りに入っています。

大手メーカーだと、9月~10月にはケーキ作りに入るのだとか。

クリスマスケーキの裏側

スポンサーリンク


クリスマスケーキを作りつつも、いつものお誕生日ケーキなども作る。

どうしても「片手間」になりがちです。

ついでに作ったものが、最高においしいわけはないのです。

 

冷凍技術が発達した

ケーキの作り置きは、スポンジケーキにクリームを塗るところまでで冷凍保存されます。

昔は、生クリームも、チョコクリームも、バタークリームも冷凍できませんでした。

最近では、どれでも冷凍できます。

泡たてて、もう塗るだけの状態でも冷凍保存できます。

 

イチゴは色々大変

フルーツだって冷凍できます。

ところが、フルーツは生地の中に挟み込まれた薄切りのいちごなどの場合はOKだけど、上にデコレーションするものは、解凍後は味も食感も落ちます。

元々ケーキ屋さんに納品された時点で、一度冷凍されていたものの可能性もあるのです。

スポンサーリンク

クリスマスケーキのフルーツ

フルーツは冷凍できないので、出荷前にトッピングしていきます。

1個そのまま乗せていくのならばいいのですが、スライスしてきれいに敷き詰めるようなデコレーションの場合は、同じ作業がいつまでも続いて地獄なのだそうです。

クリスマスケーキのイチゴ

元々高いイチゴは、クリスマスシーズンになると更に価格が高くなります。

スポンサーリンク


高いイチゴを大量仕入れするので、毎年数がそろうかどうか不安が残る食材なのです。

 

ケーキ屋さんはブッシュドノエルを勧めたい

イチゴを乗せる作業は大変です。

そこで、最近メジャーになってきた「ブッシュドノエル」です。

クリームだけなので、最後の仕上げがありません。

 

ケーキ屋さんとしては、ブッシュドノエルをたくさん買ってほしいのです。

スポンサーリンク


ケーキ屋さんはブッシュドノエルを買ってほしい

 

ブッシュドノエルがおいしいお店は良いケーキ屋さん

ブッシュドノエルは「バタークリーム」を使っています。

これは、ケーキ屋さんで作るので、ケーキ屋さんの腕が試されるケーキでもあります。

 

生クリームも、チョコクリームも、元は市販されています。

お店では、砂糖を加えるのと混ぜる作業を行うだけです。

一方、バタークリームはお店で一から作ることになります。

もちろん、バタークリーム自体も売られていますが、お店で作った方が絶対おいしいのです。

材料や手間を惜しんでバタークリームを作ったら、見た目は変わらないけれど、美味しくない。

ケーキ屋さんのこだわりが見えるのが、バタークリーム。

そのバタークリームをふんだんに使っている、ブッシュドノエルを食べればケーキ屋さんの良し悪しが分かると言います。

 

常温で置かれる時間が長い

いざクリスマスが近づくと、一斉にお客さんがケーキを引き取りに来ます。

1周間も前にケーキを受け取りに来る客はいないのです。

 

12月22日~25日に集中します。

ケーキを渡すだけでも大仕事なのです。

裏では、仕上げのイチゴを乗せる作業が続いています。

 

冷凍されていたケーキは、冷蔵庫で解凍されています。

そのケーキは、お客さんが取りに来るまでの間は、冷蔵庫に入れられているとは限りません。

そもそもそんなに大きな冷蔵庫はないのだから。

 

お客さんが受け取るまでの時間は、常温や暖房がきいた部屋に置かれたまま。

当然、味も食感も落ちると言うものです。

 

まとめ

12月のケーキ屋さんは、クリスマスケーキ作りで大忙し。

誕生日ケーキなどを注文しても、片手間に作るので味や盛り付けがいつもより落ちます。

 

ケーキ屋さんの腕を確かめるためにはブッシュドノエルを食べてみる。

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています