【コーヒー飲料】「コーヒー」と「コーヒー飲料」「乳飲料」はどのように違うのか

普段何気なく飲んでいるコーヒー。

色々な種類がありますが、よくよく表示を見たら、「コーヒー」「コーヒー飲料」「乳飲料」など色々あります。

その違いをお知らせします。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

「コーヒー」と「コーヒー飲料」はどのように違うのか

なんとなく、ブラックが「コーヒー」で、カフェオレが「コーヒー飲料」と思ってしまいます。

混ぜ物なしが「コーヒー」、混ぜたら「コーヒー飲料」?

コーヒー

これらは、豆換算で100g中にどれくらい豆が使われているかで違います。

 

種類 生豆計算で100g中にコーヒー使用量
コーヒー 5g以上
コーヒー飲料 2.5g以上5g未満
コーヒー入り清涼飲料 1g以上2.5g未満
コーヒー入り清涼飲料(カフェインレス) カフェインを90%以上除去したコーヒー豆を使用
コーヒー入り炭酸飲料 コーヒー豆から抽出、溶出したものに二酸化炭素を圧入

 

色々ありますね。

少し前まで、「コーヒー」と「コーヒー飲料」だけだったと思うのですが、色々増えていました。

スポンサーリンク


でも、ここに「乳飲料」が含まれていません。

乳飲料は別の区分です。

種類 乳脂肪分 無脂乳固形分
牛乳 3.0%以上 8.0%以上
加工乳 8.0%以上
乳飲料 乳固形分3.0%以上 乳固形分3.0%以上

乳飲料は、乳脂肪分の量によって決まります。

 

コーヒー

コーヒーは、ブラックである必要はありません。

カフェラテも「コーヒー」です。

コーヒー

 

コーヒー飲料

コーヒー飲料は、コーヒーとそれほど変わらないものが「コーヒー飲料」ですね。

スポンサーリンク


外見からでは分かりません。

 

コーヒー入り清涼飲料

コーヒー入り清涼飲料は、コーヒーはほとんど使われていません。

スポンサーリンク

 

こんなのもコーヒー入り清涼飲料です。

コーヒー入り清涼飲料

 

乳飲料

「乳飲料」であっても、ラベルには思いっきり「珈琲」って書いてありますね。

乳飲料

セブンイレブンのちょっと高いやつも「乳飲料」って書いてある!

 

コーヒーは気分で選ぼう

「コーヒーは豆を多く使っている方が偉い」と言う考えは正しくありません。

その日の気分や体調で「濃いコーヒーが飲みたい」とか、「ミルク分が多いコーヒーが飲みたい」とか、あると思います。

その気分に合わせた商品を選べばいいと思います。

 

スポンサーリンク

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています