【画像無限保存の裏技】スマホに画像を無限量保存する方法

スマホ(iPhone、android)で写真を撮るといつか必ずデータ量の上限が来て、それ以上保存できなくなってしまいます。

このページにお知らせする方法ならば、現在のデータがいっぱいの状態を解消し、無限に保存することができます。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

スマホの画像がいっぱいになった!

スマホを使っていると、画像がいっぱいになります。

android

これは、画像がデータであり、保存しているのが、スマホのストレージ(ハードディスクのようなもの)だからです。

画像を撮り、保存することで、データ量は段々と増えていき、いつかいっぱいになるのです。

 

画像がいっぱいになっていることの解消

保存した画像を消せば、確かに容量は増えますが、大事な写真がなくなってしまいます。

それでは本末転倒。

スマホ以外の所にデータのバックアップを取り、スマホから画像を消せばいいのです。

スポンサーリンク

 

作業手順としては、以下のようになります。

①スマホ内の全画像のバックアップを取る

②スマホ内の画像だけを削除する

 

くれぐれも、バックアップを取ってから削除されてください。

 

①スマホ内の全画像のバックアップを取る

まずは、スマホ内の全画像のバックアップを取ります。

これは、アプリを使います。

「googleフォト」と言うアプリをダウンロードします。

googleフォトをダウンロード

 

「始める」をタップ

スポンサーリンク

設定

 

googleのアカウントでログインします。

ログインする

 

次の設定画面では、「バックアップと同期」をONします。

「バックアップだけではなく、パソコンなどにも同期する」と言う意味です。

 

「モバイルデータ通信を使用してバックアップ」はOFFのままで。

これはWifiでのみ写真をアップロードします、と言う意味です。

モバイル通信では、ギガを消費してしまいますからね。

 

特にインストールした直後は、大量の画像がアップロードされますので必ずOFFにしておきましょう。

 

 

次の画面では、「高画質」の方を選びます。

スポンサーリンク

→ 高画質(無料、容量無制限)

× 元のサイズ(残り**GB)

 

「元のサイズ(残り**GB)」の方は、一定以上の量で有料になります。

ご注意ください。

 

バックアップは勝手にスタートします。

 

②スマホ内の全画像を削除する

スマホ内の全画面を削除します。

iPhoneの場合

iPhoneの容量が増えないのは、手元の画像を消していないからです。

きちんとバックアップが終わっていることを確認のうえ、iPhone内の画像を消しましょう。

 

「三」のボタンを押します。

スポンサーリンク


iPhoneの設定

 

「空き容量を増やす」をタップ

容量を増やす

 

「削除」をタップして、スマホ内の画像を削除します。

勝手に更新されます

 

確認が入るので、ビビりますが、消します!

削除を押すとこうなる

 

更に、iPhoneの画像を消さないと、容量は増えません。

そのままでも30日経過したら消えますが、待っていられないので、すぐ消します。

「OK」をタップ

削除

 

「すべて削除」を押すと確認してきます。

思い切って削除

「〇項目を削除」をタップ

削除

 

これで容量が復活します。

 

Androidの場合

Androidの場合は、もっと簡単です。

「ギャラリー」から写真を確認します。

画像のギャラリー

 

1枚長押ししたら下にメニューが出ます。

「全権選択」をタップ→「削除」をタップ

 

「削除」を選べば完了です。

 

バックアップした画像を確認する

画像をバックアップしたら、それを確認できないと意味がありません。

確認するときは、「googleフォト」を起動するだけです。

googleフォトを起動

また写真はいつかたまります。

その時は、また消せばいいのです。

その時は、既にバックアップされているので、バックアップの作業自体要りません。

 

googleフォトを起動したときにバックアップ(同期)されますので、時々起動してください。

 

パソコンからgoogleフォトにアクセスしたら、スマホと同じものが見れますので、データの加工などにも便利になります。

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています