Rakuten UN-LIMIT(楽天モバイル)をUMIDIGIのF2でつなげる方法

2020年5月16日

話題になっている楽天モバイルのアンリミことUN-LIMIT。

サービスアップなどありましたが、それは置いておいて、つながる機種とつながらない機種があると言うのがいまいち踏み込めないポイントでもあります。

今回は、いろいろある機種の中で、UMIDIGIのF2と言うドマイナーな機種で接続する方法をお知らせします。

スポンサーリンク

RakutenのSIM開封

届きました、楽天のSIM。

ただ、つながるかどうか分からないので、素直には楽しめないと言う・・・

楽天のSIM

 

説明は書いてあるけど・・・ほとんど役に立つことは書いてありません。

読み終わったら捨てて良いレベル。

楽天モバイルの説明書

 

ちなみに、SIMってこんなの。

上:ケース

左:説明

左:SIM

SIM

 

要するにこれがSIMです。

楽天SIM

 

 

 

Rakuten UN-LIMIT(楽天モバイル)をUMIDIGIのF2でつなげる方法

早速スマホにSIMを入れます。

ドコモ、au、ソフトバンクは、これだけでネットにつながるようになります。

 

使う機種は、UMIDIGIの「F2」

これです。

https://amzn.to/2Ve11s1

UMIDIGIのF2

 

ところが、楽天だとこれですよ・・・

普通ではつながらない

「×」が付いていて、つながりゃしない・・・

 

一応、APNの設定が、楽天公式から公開されています。

APNの設定

やってみたけど、つながらない・・・

 

UMIDIGIのF2はつながらないのか・・・(ここで焦り始める)

ネットの噂だと「F1」はつながったけれど、「F2」はダメだった、と。

(なんであなたは2機種持っているんだ!?)

 

色々調べたけど、つながる方法がネットに出てない!

ところが、ある動画で設定が公開されていた。

半信半疑で見ながら進めていると・・・つながった!

Rakuten UN-LIMIT(楽天モバイル)はUMIDIGIのF2でつながる!

(たぶん、すべてのUMIDIGIはこの方法で繋げられる?)

UMIDIGIのF2

 

設定を2段階でお知らせしたいと思います。

まずは、ネットにつなげる

「my楽天モバイル」の設定は、Wifiなどを使って接続して申し込んだ回線が使えるようにしておいてください。(ネットにはつながらないけれど・・・)

 

まずは、スマホの「設定」から「ネットワークとインターネット」をタップ。

スポンサーリンク


ネットワークとインターネット

 

「モバイルネットワーク」をタップ。

楽天の設定

ここで、「モバイルデータ」は「ON」になっていることが必要です。

(上の図はONになっている)

 

下の「詳細設定」をタップ

 

一番下の「アクセスポイント名」をタップ。

ここで、APN(多分「アクセスポイントネーム」じゃね?)

APNの設定

APNは空ですよね。

ここで「+」を押します。

 

「楽天モバイル」を追加してください。


名前:rakuten(任意(なんでもいい))

APN:rakuten.jp

MCC:440(←デフォルトでこうだった)

MNC:11(←デフォルトでこうだった)

APNタイプ:defait,supl,tether(←楽天のマニュアルには「tether」はなかった)

APNプロトコル:IPv4/IPv6

APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6

ベアラー:LTE


設定した後は「保存」を忘れずに。

画面の上の方にあります。

 

そして、もう一つ「ims」を作ってください。


名前:ims

APN:ims

MCC:440(←デフォルトでこうだった)

MNC:11(←デフォルトでこうだった)

APNタイプ:ims

APNプロトコル:IPv4/IPv6

APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6

ベアラー:LTE


こちらも「保存」を忘れないように。

 

設定したらこんな風になります。

APNの設定

ごめんなさい、まだつながりません。

 

次に、電話アプリを開きます。

楽天の電話アプリじゃなくて、スマホに最初から入っていたやつです。

電話アプリ

 

番号を入れられるところで、以下のように入力します。

「*#*#3646633#*#*」

これでエンジニアモードに切り替わります。

 

一覧から「Network Selecting」をタップ。

「SIM1」をタップ。

(SIMは必ずSIM1に入れてください。SIM2だとなぜかうまくいきません。)

 

「Set preferred~」の選択肢から「LTE only」を選びます。

 

ここまででネットにつながるようになります。

(万が一ダメなら再起動してみてください。)

 

 

ところが、これだけでは、「Link」アプリが使えない。

電話ができないのです。

これでは意味がない。

 

使えない理由は、認証のSMSが受け取れない。

以下に、SMSが受け取れるようにする設定をお知らせします。

SMSを受け取れるようにする

再度、エンジニアモードに入ります。

電話アプリで「*#*#3646633#*#*」と入力。

 

一覧から「IMS」を選択。

選択肢から「sim1:Primary Card」を選択。

 

「VoLTE」の項目から「Defalt Setting」⇒「CMW500 setting」と切り替え「SET」を押す。

 

また、最初の一覧に戻って・・・

「Misc Feature Config」を選択。

「hVolte」をタップ。

 

一覧から「hVolte」⇒「bSRLTE」⇒「hVolte」と切り替えて、戻してください。

意味がなさそうだけど、必要らしいです。

 


※重要

端末を再起動したら、設定は変わっていないけれど、「VoLTE」が切れます。

電話がかかってこないし、SMSが受信できません。

その時は、この「Misc Feature Config」にアクセスして、「hVolte」⇒「bSRLTE」⇒「hVolte」と切り替えて、戻してください。

「VoLTE」が表示されまた使えるようになります。


 

「Rakuten」とは出ていないけれど、「VoLTE」と出ています。

楽天の設定

 

LINKアプリを起動して、「認証する」としたら、きちんと認証できました!

確認のため電話してみてください。

 

ちなみに、情報元とした動画もシェアしたいと思います。

ありがとうございます。

 

これでも駄目だと言う方は・・・

最後の手段

rakuten miniを購入して、これでアクティベートします。

これを常にテザリングして、ポケットWIFIのようにして使います。

お手持ちのスマホは、WIFIにつないで使うのです。

Rakuten Mini+Rakuten UN-LIMITプランセット(事務手数料3300円込)★300万名対象★【5000ポイント還元】

楽天で購入

 

 

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています