福岡のコワーキング・スタートアップカフェを実際に利用してみたメリットとデメリット

2019年3月14日

福岡のコワーキング・スタートアップカフェを実際に利用してみたメリットとデメリットについてお知らせします。

起業したい人にとって、事務所を借りるのは大きな負担です。

福岡には「スタートアップカフェ」と言うのがあり、無料で使える共同オフィスみたいなのがあって無料で使えます。

実際に使ってみたレビューします。

 

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

 

スタートアップカフェとは

スモールビジネスで起業しようという人が若者を中心に増えています。

起業する際にはいろいろな知識や経験が必要です。

天神のビジネス

時には法律の知識をもって契約書を見ないといけません。

時には商談をしないといけません。

スポンサーリンク


仕事をする以上、今やパソコンは必須なので電源も必要でしょう。

 

事務所を自分用に準備しようと思ったら、借りるのには最低でも月に10万円以上はかかると言えます。

起業したい人が集まっているレンタルオフィスでも10万円、20万円するのは当たり前です。

そんな中、TSUTAYAと福岡市が主体になって起業したい人用の場所を作ってくれています。

 

それが「スタートアップカフェ」です。

カフェと言うことなので、福岡天神の繁華街にあります。

1階にはスタバも入っています。

地下1階から5階までTSUTAYAになっていて、机やいすがたくさんあって、たくさんの人が座れます。

3階の一角がスタートアップカフェとして無料で使えることになっています。

登録や契約などなく自由に使えるので、これからビジネスを立ち上げる人にとってはすごくありがたい場所と環境と言えます。

スポンサーリンク


スタバも1階にあります。

 

 

スタートアップカフェに求められるもの

スタートアップカフェに求められるものと言えば、まず何といっても場所です。

座れる場所とパソコンを置ける机がほしいです。

次に、パソコン用の電源が使えること。

電源が使える場所って意外に少ないのです。

無料wifiも必要!!

ノートパソコン

これらがすべてそろった場所って意外とありません。

マクドナルドとかスタバとか・・・

スポンサーリンク

でもお店によっては何かが足りなかったりしますし、ランチ時など混んできたら席を譲るのが日本人と言うものです。

実際に使ってみて良いところ

無料で使える!

これは手放しにすごくうれしいです!!

 

きれいだし、かっこいい感じです。

ビジネスを志す人が集まるので、ここで知り合った人との関係が「人脈」として役に立つ日も来るかもしれません。

 

電源も使える!

かなりうれしいです。

ノートパソコンのバッテリーだけで仕事をしていると、表示上は4時間とか3時間とかあっても、実際は1~2時間くらいしか持たないことがあります。

 

WIFIも無料で使えます。

福岡市が出している無料wifiなので、登録作業が必要ですが無料です。

1時間くらいごとにいったん切れるので、また繋がないといけないのはちょっと面倒ですが、無料なのは何より!

 

1階にスタバがあるので、コーヒーと軽食を持ち込めます。

ただし、スタバ以外の物を持ち込むことは出来ません。

 

 

それでも、他の同様のお店より断然有利!

某カフェでは、1日利用で1,500円。

スポンサーリンク


1か月契約の利用でも7000円。

登録時に2か月分必要だったり、登録だったり費用も掛かるし、めんどくさい。

 

電話なんか今時携帯かスマホで十分です。

転送電話なんかいりません

⇒ 【転送電話とは】クラウドPBX「ナイセンクラウド」

 

 

スタートアップカフェの弱点はここ

スタートアップカフェの弱点もあります。

トイレに行きにくい

まず、席を外しにくい。

ノートパソコンやかばんを持ち込みますが、席を外すとき放置していくわけにはいきません。

トイレに行こうと思ったら、男性用は上の4階か地下1階にしかありません。

同じフロアーでも放置できないのに、他の階なのでいったん全部かばんに入れて、全部持ってトイレに行って戻ってきて、また席に着くという感じになります。

私は「店じまい」と呼んでいます。

 

スタートアップカフェが混みあっていることは少ないようですので、戻ったら席がないということは少なそうです。

それでも絶対にないということはありません。

 

食事に行きにくい

これまた席を外しにくいに関連していますが、食事に行くとき、かばんなどを放置していくわけにはいきません。

また一回全部パソコンや手帳を全部かばんに入れて、食事に全部持っていく必要があります。

また「店じまい」です。

戻ってきたらまた全部広げる・・・めんどくさい。

 

コーヒーを飲みたい

仕事をしている時、私は結構な量コーヒーを飲みます。

それはそれ、1階にスタバがあります。

行けばドリップコーヒーが280円(税別)で飲めます。

2杯目は99円(税別)で飲むことができます。

 

ただ、1階に行かないといけない!

また「店じまい」です。

 

コーヒーを飲む。

トイレに行く。

食事に行く。

これらのたびに、「店じまい」が必要なのは本当に面倒!

 

私の「裏技」としては、100円ショップでチェーン鍵を2つ準備することです。

1つでかばんがあかないように鍵をかけます。

もう一つで椅子や机に鍵をかけます。

裏技のカギ

費用も216円で済む上に、この状態のものを持っていこうとしている人はよほどの人です。

ガチャガチャやっていたら周囲の人も見ていますので、まず手を出さないでしょう。

 

混んできたら席を空ける

長時間利用していると、新しく来た人がいたら席を空けないと・・・という意識が働きます。

ずっと占拠しとくのは申し訳ない気もします。

私が使ってみた感じでは、朝から夕方くらいまでで席がなくなることはなさそうです。

混みあうのは17時以降みたいです。

 

イベントがあるときは使えない

スタートアップカフェはたまにイベントがあります。

ネット配信だったり、セミナーだったり。

そんな時は、使えません。

机自体動かしていたりして、無かったりします。

そして、そのイベント情報がホームページなどで紹介されていない!

 

行ってみて、仕事をしていたら「今日○時からイベントが・・・」みたいなことをその日に知ることになります。

無料なのだから、しょうがない。

そんな時は、他の会のスタバ用の席に移動するか、近所のファミレスに移動することになります。

この時困るのが、電源とwifiです。

 

結局ポケットWIFIは持っているほうがよさそうです。

通常のwifiや格安SIMだとデータ量の上限があります。

だいたいは7GBとか、10GBとか・・・

 

無制限のwifiで手ごろな価格のものはあまりないです。

これとかはお勧めです。

⇒ 【公式サイトを見る】どこでも自由に使える高速モバイルインターネット【MEDI SIM】

 

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています