きさらぎ駅・存在しない駅で降りてしまった少女の顛末

静岡県に住んでいるという「はすみ」さんはこの世に存在しない駅に降り立った。

スポンサーリンク

いつもは8分位ごとに駅に停まる電車は、この日20分以上停まらないとのこと。

電車の運転席にはカーテンがしてあり、中は見えない。

 

利用しているのは、静岡の私鉄。

電車に乗ったのは23時30分ごろ。

 

ここでツイッター民は、はすみさんの行方を捜し始めた。

しばらくすると、トンネルを過ぎて「きさらぎ駅」で降りたという書き込みがあった。

きさらぎ駅

スポンサーリンク


駅周辺は山と草原のみ。

太鼓や鈴の音が聞こえてきたとのこと。

 

駅に降りたら、電車は発車してしまったそう。

真夜中であることもあって、周りは真っ暗。

 

駅からでると、バス停に男がいるとのこと。

声を掛けたら、男は親切な人だったらしく、自動車に乗せてくれて近くの駅まで連れて行ってくれるとのこと。

はすみさんは、ツイッター民にお礼を言って書き込みは終わった。

 

・・・かに見えた。

 

その後、再度書き込みが始まった。

自動車はどんどん山に向かっている。

運転手も話をしてくれなくなってきた。

 

携帯の電池も切れそう。

書き込みは終わります、と。

 

これは、2004年のお話。

そこから現在に至るまでの約20年、はすみさんは見つかっていないし、「きさらぎ駅」も見つかっていない。

謎のままなのです。

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています