楽天ブロードバンドを勧めない理由!つながらないと別料金を請求される変な会社

各社「光」が出そろって久しいです。

すでに、価格競争に入っています。

我々消費者としては、安くて良いサービスの所と契約したいのですが、ダメな会社情報もお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

楽天ブロードバンドは勧めない

普通、この手の記事には書き方に「セオリー」があります。

「○○はダメ」的にネガティブな情報を出しておいて、後で「フォローワード」を入れて、最終的にはお勧めする方法と、全く別のサービスをお勧めする方法です。

これは、そのどちらでもありません。

その理由は、ダメなものはダメ、この世からダメなサービスは消えてほしいので書きました。

 

楽天ブロードバンドとは

楽天ブロードバンドとは、その名の通り楽天グループが運営しているブロードバンドサービスです。

(新しく契約してほしくないので、リンクは貼りません。)

スポンサーリンク


その中身は、NTTのフレッツ回線(もしくは、ドコモ回線)を借りて、「Rauten光」とか、「楽天のひかり」として提供されているサービスです。

 

つまり、消費者が契約するのは「楽天ブロードバンド」です。

 

楽天ブロードバンド(Rakuten光)の弱点

ところが、これが切れやすい!

1日に何度も接続が切れてしまうのです。

 

動画は止まり、遠隔操作をしようと思っても、回線が切れるので出来ないことがほとんど。

 

サポートがポンコツ

残念ながら、サポートがポンコツなのです。

何しろ回線はNTT(もしくは、ドコモ)。

なので、つながらない時の対応が、他人任せ。

 

現在ネットにつながっているか、つながっていないか、は楽天の方でも調べられるみたいです。

でも、それ以上は他人任せ。

スポンサーリンク

 

それだけならば良いのですが、NTTに依頼して、何かしら費用が発生した時は、楽天ではなく、消費者が負担しないといけないと言うのです。

 

例えば、自分が買ったルーターが壊れていた、とかが原因の場合は、NTTが修理に来た時、自分(消費者)が支払うのは当たり前でしょう。

ところが、マンションタイプの場合、マンションの建物内の光ファイバーや接続器の故障の場合があります。

スポンサーリンク


それでも、電話をした消費者が修理費用を払うのだそうです。

 

おかしいと思ったので、何度も確認しましたが、NTTで修理代が発生した場合は、楽天は一切払わず、消費者が支払うと言うのです。

しかも、それを承諾しないと、回線が切れようがどうしようが、修理はしないと言います。

とんでもない会社でした。

 

消費者は、楽天ブロードバンドと契約をしています。

NTTとは契約をしていません。

何か問題が起きた時は、本来は、楽天ブロードバンドとNTTとのやり取りのはずなのです。

スポンサーリンク


それを、消費者に払わせると言うのは、筋違い。

 

契約していない会社からの請求を支払わないといけない・・・、もう、訳が分かりません。

 

しかも、費用はいくらになるか、楽天側では分からないのです。

1万円?

5万円?

10万円?

100万円?

 

マンション内の設備ですからね。

いくらになるのか分からないのです。

NTTが「請求します」と言ったら、消費者はそれを支払う必要があると言うのです。

 

そんなの承諾する人がいるわけがない。

 

どういった場合、消費者が支払い、どういった場合、無料なのか、それも楽天ブロードバンドは情報を持っていません。

過去にいくらくらいかかったのかも情報を持っていません。

どのくらいの割合で有料なのかもわからないのです。

 

これで、修理を依頼する人がいたら、大丈夫か心配になります。

かと言って、修理しないと1日に何度も切れるので使い物にならない・・・そんなサービスが楽天ブロードバンドでした。

実際に使ってみないと分からないことでした。

 

消費者としては、こういった会社、サービスは、淘汰され、なくなることを祈るばかり。

筆者は、別の会社に乗り換えしようと決意しました。

 

数社見たら、「乗り換え費用を負担します」と言う会社も出てきました。

機器類無料、初期費用無料、乗り換え違約料分キャッシュバック、などのサービスが出てきています。

ぜひ探して、他と契約してください。

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています