iPhoneの画像を無限に保存する方法

iPhoneでは容量が決まっているので、写真を撮影しているといつかいっぱいになってしまい新しく撮影ができなくなってしまいます。

これを何とかする方法があります。

しかも、iphoneの容量を大幅に節約することができる方法です。

 

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

 

アプリを使う

アプリを使って、写真をインターネット上のハードディスクに保存するのです。

iphoneのデータを外部に保存

 

iPhoneは、買った時に16GBとか32GBとか容量が決まっています。

写真や音楽を保存していくといつかいっぱいになってしまいます。

例えるならば、水をコップに注いでいくと、いつかいっぱいになるのと同じです。

ネット上のハードディスク

スポンサーリンク


 

iPhoneを使う人は、icloudがあります。

ただ、これは有料プランありきのサービスです。

 

そこで注目したいのが、容量が無限で、無料で使える「Googleフォト」です。

現在iPhone に保存しているすべてのデータをアップロードしても費用は全くかかりません。

Googleフォト

 

容量がいっぱいになったら手持ちのハードディスクに保存すると言う手間もありません。

しかも、ずーーーーっと前の写真も見れるので、ハードディスクに保存するよりも有利です。

 

写真の容量は1600万画素まではそのままの高画質で劣化せずに保存可能です。

ちなみに、iPhone6sの画素数は1200面画素なので、全く劣化なしで保存できると言う訳です。

 

また、機種変してもすぐにこれまでのすべての写真を見ることができます。

スポンサーリンク


 

さらに、パソコンやタブレットとも写真を共有できます。

 

アプリを適用した結果

iPhoneの容量がいっぱいになっています。

写真を保存してもそれほど保存できないでしょう。

容量がいっぱい

写真が1枚200KBと考えて、4000枚以上撮れるけれど、動画だと数本と言ったところ・・・

心もとない状態と言えます。

 

この方法を使うとこうなります。

容量アップ

約2GBまで容量が増えました。

しかも、保存できる画像の数は無限です。

スポンサーリンク

 

 

アプリの導入方法と設定方法

まずは、iphoneにアプリをインストールします。

Googleフォトのダウンロード

 

アプリを起動したら、「始める」を選ぶ。

まあ、これを選ぶしか選択肢はありませんが。

設定

スポンサーリンク


 

Googleアカウントでログインします。

ログインする

 

次の画面では「バックアップと同期」をONにします。

バックアップだけではなく、パソコンなどにも同期すると言うことです。

 

「モバイルデータ通信を使用してバックアップ」はOFFのままで。

これはWifiでのみ写真をアップロードします、と言う意味です。

キャリアの電波を使っているとすぐに月の使用量の上限に来てしまいます。

特にインストールした直後は、大量の画像がアップロードされますので必ずOFFにしておきましょう。

 

 

その次の画面では「高画質(無料、容量無制限)」を選びます。

「元のサイズ(残り**GB)」の方は、一定以上の量で有料になります。

ご注意ください。

 

基本的にこれだけです。

 

ところが、このままではiPhoneのデータ量は減りません。

 

iPhoneのバックアップと容量を増やす

iPhoneの容量が増えないのは、手元の画像を消していないからです。

きちんとバックアップが終わっていることを確認のうえ、iPhone内の画像を消しましょう。

 

なんていうボタンかわかりませんが「三」のボタンを押します。

iPhoneの設定

 

「空き容量を増やす」を選びます。

容量を増やす

 

例では、1837枚の画像があったようです。

バックアップされているので削除しても大丈夫です。

勝手に更新されます

 

(思い切って?)「削除」を押します。

削除を押すとこうなる

再度聞いてくるので、「削除」を押します。

 

削除

 

「最近削除した項目」を見る。

最近削除した項目

 

「すべて削除」を押すと確認してきます。

思い切って削除しましょう。

削除

削除します。

 

これで容量を確認すると約2GBになっています。

容量アップ

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています