猫は本気で走れば時速50km以上出せる

2016年10月10日

我が家の猫が21歳になったので、人間で言えばいくつかな、といろいろ調べたのでシェアします。

猫の21歳とは人間で言えば・・・

 

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

 

猫の21歳は、人間で言えば100歳!

上寿、百寿、紀寿、百賀ですよ!

 

 
 猫年齢  人間年齢  コメント
 1か月 1歳  喉を鳴らしたりするようになる。感情が芽生える?
 2か月 3歳  乳歯が生えそろう。目の色が変わる。
 3か月 5歳  走り回るようになる。躾はこのあたりまでに完了するべき。
 6か月 9歳  乳歯が抜けて永久種に生え変わる。
 9か月 13歳  メスは発情が始まる。
 1歳 17歳  成猫と同じ大きさになる
 2歳 23歳  オスの発情期が始まる。
 3歳 28歳  オスの盛りが全盛期。
 4歳 32歳  
 5歳 36歳 運動能力の低下が始まる
 6歳 40歳 肥満が増える。白髪が出てくる。
 7歳 44歳 寝ていることが多くなる。
 8歳 48歳 歯が抜けたり、体の衰えが見え始める
 9歳 52歳  
 10歳 56歳 ほとんど1日中寝ているようになる
 11歳 60歳 通常の寿命
 12歳 64歳 平均寿命
 13歳 68歳 白内障など出てくる
 14歳 72歳  
 15歳 76歳  
 16歳 80歳 ボケが始まる。トイレでおしっこをこぼすとか、別のところにするなど
 17歳 84歳 長寿。表彰してくれることろがある。
 18歳 88歳  
 19歳 92歳  
 20歳 96歳 一昔前の猫の2倍活きたことになる。すごい長寿
 21歳 100歳 ほとんど見かけないくらい長寿

 

調べてみると、猫の21歳は本当にすごい!

スポンサーリンク


普通の猫の2倍活きている感じです!

17歳を超えると日本動物愛護協会に申請すると表彰してもらえます。

高齢になると猫は1日のほとんどを寝て過ごす

 

 

猫は時速50kmで走ることができる

肥満の猫とか病気の猫とかは当然外します。

スポンサーリンク


普通の猫は、大体時速50km前後で走ることができます。

これは100mを7.2秒。

100mを10秒切っただけで世界一になれる人間と違って、どの猫も100m7.2秒を切れるんです。

やっぱり猫速い!

人間が追いつけないわけです。

 

 

猫は1日の半分以上を寝て過ごす

猫の1日は大体14時間~16時間くらい寝て過ごします。

10歳を過ぎるとさらに寝る時間が伸びるので、ほとんど1日寝て過ごしているような状態となります。

 

 

目を合わせると固まる、目をつぶるといきなり警戒が解ける

猫は目があると警戒して固まります。

そのままずーっとこちらを見たままです。

猫は警戒心を持っている

スポンサーリンク


そんなとき、人間が目をつぶったら、いきなり警戒が解けて「ふいっ」と横を向きます。

そのあとは平常心みたいです。

猫は「目」を見ているようです。

目をつぶると、警戒心が解けるようです。

人間が目をつぶると警戒心が解ける

 

猫にも利き手がある

人間にも利き手があるように、猫にもあるようです。

それだけなら驚きませんが、性別によって異なるようです。

オスは左利き。メスは右利き。

猫パンチをする方が利き手と考えれば、家猫で確認したらその通りでした。

また、猫仲間の猫を次々見ていくと、20匹くらい見て80%くらいは合致しているようなので、一つの法則として考えていいようです。

スポンサーリンク


 

 

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています