イオンで5000円分タダで買い物する裏技

2017年10月8日

イオンやマックスバリュー、ミニストップなどイオン系のお店で5,000円分無料で買い物ができる方法が存在しました!

しかも、それだけじゃなくて、いつでも1%引きで買い物ができて、月に2回は5%引きとなるのです。

金額にして年間42,720円!!

普段通りに買い物をしているだけで年間42,720円安くなる方法です!

 

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

 

1か月の食費っていくら?

一般家庭の家族4人の1か月分の食費の平均ってご存知ですか?

 

約71,200円

 

だそうです。

お札

高いと取るか、安いと取るか・・・でも国の調査でそのように出ています。

スポンサーリンク


ちなみに、地域でみると、最も食費が高いのは東京で、77,800円。

最も安いのは沖縄で、55,200円。

全国平均は71,200円。1日当たり約2,373円。

結構かかってますね(汗

 

全家計の中で、食費は22.1%を占めています。

ここが安くなると家計が楽になる。

一方で、ここを絞ると生活が寂しくなる・・・

そんな重要な位置にあるのが「食費」です。

 

ところが、1回だけ「あること」をしたら、あとは何もせず、普段通りの生活なのに年間で10,821円安くなる方法があったのです。

しかもその「あること」は一切費用がかかりません。

スポンサーリンク

つまり、ノーリスク!

やらない方がどうかしている、と言う内容です。

 

知っている人だけが得をして、知らない人は損をし続けると言う、ある意味恐ろしい情報です。

 

やることはただ一つ

「あること」でやることはただ一つ。

それは、

 

イオンカードを作る事

イオンカード

 

たったこれだけです。

 

え?ちょっとイオンに行ってくるって?

ちょっと待ってください!

スポンサーリンク

 

ポイントとしては、お店ではなく、WEBで申し込むことなのです。

⇒ 【公式サイトを見る】イオンカード(WAON一体型)

 

WEB申し込み限定の内容です。

クレジットカードは使ったら明細が送られてきますが、それをWEB明細にするのです。

WEB明細にするだけで、1000ポイント(1000円分)もらえます。

 

クレジットカードで3万円使うと3000ポイント(3000円分)がもらえます。

 

さらに、WAONを1万円使うと1000ポイント(1000円分)もらえます。

スポンサーリンク


 

合計すると、5000ポイント(5000円分)もらえてしまうんです!!

 

⇒ 【公式サイトで確認する】イオンカード(WAON一体型)

 

それだけじゃないメリット

年会費はずっと無料なので、リスクはないけれど、ポイントだけなら他にも500円分もらえるものなどあり、特別なメリットを感じませんね。

 

ところが、イオンカードならば流通系ならではの強みがあるんです!

 

食費や日用品はどんなに節約しても絶対にゼロにはなりません。

これらすべてが割引になるんです!

イオンじゃなくても割引がある!

つまり、どこでも割引が受けられるんです。

ショッピング

1か月の食費が71,200円なので、イオンで買い物をしたら、200円で2ポイント(2円分)。

毎月20日、30日に買い物をすると5%引きです。

20日、30日で選んで買い物をすると、月に3,560円もお得になるんです!

 

1か月はたった3560円。

でも、これが1年分となると、42,720円!!

見逃せない額になってしまいます。

 

やることはただ一つ。

イオンカードを作って、会計の時にカードで支払うだけです。

割引の時など見せるだけでOKなので、クレジットが嫌いな方にもメリットがあります。

 

航空系のカード(JALカード、ANAカードなど)もすごく有名ですが、出張などがない方にはあまりメリットがありません。

ところが、日用品を買わない人はいません。

その決済をイオンカードにするだけで、メリットは大きいのです。

 

生活スタイルは全く変えない。

1円だって余計に払わない。

 

それで年間42,720円も安くなるならやらない手はありません。

しかも、この計算「食費だけ」で計算しています。

 

トイレットペーパーや洋服だって絶対買いますよね。

これらまで計算に入れるととんでもなく効果は高いです。

 

イオンカード

⇒ 【公式サイトで確認する】イオンカード(WAON一体型)

 

作った瞬間から恩恵に預かれます。

今すぐカードを作ることをお勧めします。

 

書類の郵送など不要です。印鑑も不要です。

手続きが超簡単!!

 

本人確認も免許証の画像アップロードか、受取人確認配達サービスでOK。手間がない。

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています