六一〇ハップハップ(ムトーハップ)の代わりになるもの(代用品)発見

2020年3月28日

夏になったら汗をかきます。

人によってはあせもになります。

そんな時「特効薬」ともいえる薬がありました。

それは、「六一〇ハップ(ムトーハップ)」。

ところが、現在では販売されていません。

そこで、互換品を発見しました!

スポンサーリンク

ムトーハップの互換品

ムトーハップとは、2008年まで普通に販売されていた入浴剤です。

ところが、サンポールと混ぜることで硫化水素を発生することから自殺に使われ、それが話題となり事実上販売中止になりました。

製造・販売していた、武藤鉦製薬と言う会社は現在では全く違うジャンルの業務を行っていて、ムトーハップは永遠に手に入らないものとなってしまいました。

 

ところが、ほぼ同じ成分で別商品が存在しました!

しかも、マイナーなので硫化水素のために買われることが少なく、現在でも入浴剤として販売されています。

あせもで困っていた人の特効薬です。

 

その名は「湯の素」です。

ムトーハップの互換品

色などムトーハップと全く同じ。

 

湯の素の効果

互換品があっても効果が劣るのならば、意味がありません。

早速自腹購入して試してみます。

 

ちなみに、アマゾンで買いました。

 

お風呂に普通にお湯を入れます。

お風呂にお湯

 

そこにキャップ1杯分準備します。

スポンサーリンク


赤っぽい。

湯の素

 

「こんな色だっけ!?」と思ったけれど、お湯に入れたら思い出した!

こんな色!

そして、こんな匂い!

ムトーハップ

 

まぜると白くなるので不思議です。

ムトーハップ

 

あとは、普通にお風呂に入るだけ。

あせも

 

引くほどのあせもですが・・・

翌日には、ここまで落ち着いています。

あせも

そして、もうかゆくない。

 

効果はムトーハップと比べてもそん色ないようです。

これはいい!

効果が早いのもムトーハップと同じ。

 

2度と手に入らないムトーハップを探すより、今後も売られ続けるであろう「湯の素」を使うようにしましょう。

⇒ 湯の素をアマゾンで見る

 

ムトーハップより若干高めと言う話ですが、ムトーハップがいくらで売られていたか覚えていないので、全然気にしません。

それよりも、あせもを治したい!!

もしこの記事がお役に立てれば幸いです^^

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています