iPhoneの画面が黄色く(セピアに)なった!その対処法、戻し方

2016年9月19日

iPhoneでアップデートした後に、気付けば画面がセピア色になっていることってありませんか!?

しかも、気付けは夜の10時以降なのです。

見にくい!

元に戻す方法をお知らせします。

 

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

 

セピア色になった原因

まずは、セピア色になった原因ですが、アップデートの時に「NightShift」の設定が変わり、夜になると少しくらい画面(セピア色)になるようになってしまったのです。

iPhone画面

※分かりやすいように、本来よりも余計にセピア色にしています。

 

セピア色と言うか、黄色がかったというか・・・とにかく見にくい!

慣れない!

スポンサーリンク


元の設定に戻す方法をお知らせします。

 

iPhoneの画面を元に戻す方法

「設定」をタップ

「設定」をタップします。

iPhoneの画面

だいたい困った時は「設定」だったりします。

 

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

画面の表示と明るさをタップ

「画面の表示と明るさ」をタップします。

iPhoneの画面

 

NightShiftをタップ

NightShiftをタップします。

注目すべきは、表示されている時間です。

スポンサーリンク


ここの表示されている時間内は、画面が黄色く(セピア色に)なる時間帯です。

スポンサーリンク


iPhoneの画面

 

開始終了をタップ

要は時間を変えればいいだけなので、開始終了をタップします。

iPhoneの画面

 

お好みの時間に変更する

寝る前、部屋の電気を消した時は、普通のモードでこうこうと明るいとかえって邪魔です。

セピアの方がありがたい色と言えます。

ここでは夜中の12時にはセピアになるように設定します。

変更前

お!普通の色に戻った!

変更後

スポンサーリンク


 

これで、夜中の12時~朝の7時までは画面を付けるとセピア色ですが、普通に生活している時間は従来通りの色になります。

ご自身の生活スタイルに応じて、時間は設定されるのがいいと思います。

 

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています