自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

通勤などで自動車が必要になったりしたら何とか準備しようと考えます。

ただ、通勤用と限定したら良い車は要らないんです。

最近では色々と買い方も増えてきたので、どの方法がいいか考えました。

安くて通勤に使える車は費用がいくらくらいかかるのか本気で考えてみました。




スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


自動車の買い方

今や色々な方法で自動車を手に入れる方法があります。

新車購入、中古車購入、新車リース、中古車リース。

あとは、5年後、7年後に下取りしてもらうことを前提とした買取と、リースがあります。

選択肢が広すぎてどれがいいのかわかりません。

ただ、「通勤用」と言うことに限定すると新車である必要がないので、中古車限定としたいと思います。

スポンサーリンク

通勤用の自動車

 

中古車購入の流れ

中古車購入の流れとしては、自動車の車種を決めるのは当然ですが、順番は以下のようになっています。

 

  1. 駐車場を決める
  2. 自動車の車種を決める
  3. 名義変更を依頼する
  4. 任意保険に加入する
  5. 納車

 

駐車場を決める

まずは、駐車場を確保しないと車庫証明が取れないので、結局自動車の入手には至りません。

自動車が欲しいのに、まず駐車場を探さないといけないとは・・・

駐車場探し

 

駐車場なので、自宅から近いところがいいでしょう。

近所を歩いてみて、駐車場を見つけたら、書いてある番号に電話をして空きがあるか聞いてみます。

 

ご自身の住んでいるマンションの駐車場に空きがあればそれが一番いいかもしれません。

マンションの敷地内駐車場が近い

 

筆者の地元で見てみると、近所の駐車場は8,000円。

スポンサーリンク


圧倒的に近所の方が安いのですが、敷金2か月と礼金1か月が必要でした。

8000円×3か月=24,000円が初期費用ですね。

 

マンション敷地内駐車場は12,000円。

高いけれど、敷金などが不要でした。

 

近所の駐車場

初期費用24000円+8000円×12か月=12万円

マンション敷地内駐車場

初期費用0円+12000円×12か月=14万4,000円

 

近所の駐車場の方が有利そうでした。

 

自動車の車種を決める

中古車を買う場合

車種を決めるときは、簡単なようで難しいです。

難しいけれど、楽しい作業でもあります。

デザインもあるのですが、コスト面も考えないといけません。

スポンサーリンク


 

便利なのは、ネット検索です。

カーセンサーなどがいいかもしれません。

全国の色々なお店が持っている中古車の情報を持っています。

  30万台の中古車物件を掲載『カーセンサーnet』

 

調べたこの日では、軽自動車が4万円で買えるそうです(@@

中古車の価格

ガリバーも捨てがたいです。

IDOMと名称変更しましたが、大量の情報を持っていることに違いはありません。

WEBで在庫が探せるのはありがたいです。

  全国の新鮮在庫から、欲しいクルマを今すぐチェック!

 

オートックワンもいいかもしれません。

基本的に新車の見積もりがネットでとれるサイトですが、中古車情報もありました。

  オートックワン

 

自動車によっては車検が必要です。

できるだけ安く車検を受けるためには車検の価格が一覧でわかるサイトを使うと楽です。

スタンドや自動車整備工場など、近所で車検を受ける時に必要な費用が簡単にわかります。

  車検基本料が最大82%OFF! 激安車検と言えばEPARK車検!

 

軽自動車で1回の車検代は5万円弱くらいかかるみたいですね。

安いところを探すと4万円ちょっとのところもありました。

この差は大きいですね。

 

仮に4万円の軽自動車を購入したとして、年間費用を考えてみます。

 

車体費用:4万円

車検:5万円

—————-

合計:9万円/年

 

多くの場合、初年度で車検が切れるので車検費用まで考える必要があります。

不安要素としては、自動車の故障と整備です。

最安値で10万円くらいですね。

上記のほかに、名義変更費など手数料がかかる場合がります。

 

リースにする場合

カーリースで安そうなのは、テレビCMでもやっている「アラジン」です。

  アラジン

 

月々1万円台から中古車をリースしているようです。

実際に連絡してみると、2万円近い物しか残っておらず、サイトの更新は1週間に1回だと言います。

店舗で説明を聞くと、2万5000円のプリウスを勧められたりします。

アラジンのカーリース

月に500kmまでと言う縛りがあります。

通勤距離を考えて、収まるかどうか検討する必要があります。

月間1000kmまでにすると、数千円高くなると言います。

この場合、年間12000kmを超えた場合、1kmで10円の追加料金がかかると言うことです。

 

月間1000kmまでOKと言う軽自動車で考えてみたいと思います。

月に2万円だそうです。

アラジンで提案されたものの中で最も安いもので試算してみます。

軽自動車で試算

自動車リース料:2万円

年間で考えると12か月で24万円。

合計:24万円/年

 

車検の費用や重量税なども含んでいると言います。

やっすい中古車を買うとき、車検や重量税まで考えて9万円だったので、買った方が安いと言うことが明らかになってしまいます。

スポンサーリンク


また、リースは1年契約なので、翌年も24万円かかります。

買取の方は翌年は当然車体価格は0円ですし、車検がありません。

年間コストが0円になります。

故障があったときに修理代のことを気にする必要はあります。

中古車を買った方が圧倒的に安い(中古車購入0円対中古車リース24万円)です。

 

名義変更を依頼する

名義変更は自動車を購入することろに依頼した方がいいでしょう。

住民票と車庫証明が必要になります。

1万円くらいで代行してくれることが多いようです。

 

自分で名義変更する場合は、1,000円くらいでできますが、このような手続きが必要です。

実際にやってみました。

 

任意保険に加入する

中古車を買うにしても、リースにするにしても任意保険は必須でしょう。

複数の会社の見積もりを一括で見れるサイトを使うと便利です。

NTTイフ

見積もり依頼しただけで図書券をもらえるキャンペーンをやっていることがあります。

  NTTイフの自動車保険

ここです。

見積もり依頼

ウェブクルー

最大15社から同時に見積もりが取れます。

一番安い会社と契約したらいいのです。

手間はかからないし、変な勧誘の電話もありませんでした。

  保険スクエアbang!/自動車保険

 

インズウェブ

こちらも見積もり一括取得サービスのインズウェブです。

  無料の自動車保険一括見積もりサービスインズウェブ

 

保険スクエアBang!

同様のサービスはいくつかあるので、気に入ったものを利用したらいいと思います。

  保険スクエアbang!/自動車保険

 

自動車保険は、車両保険あり・なしで価格が違いますし、年齢でも違ってきます。

筆者が使っている保険会社での金額を調べてみましたので、概算になりますが参考にされてみた下さい。

条件は以下です。

  • 対物賠償:無制限
  • 対人賠償:無制限
  • 人身傷害:無制限
  • 運転者限定
契約者、運転者年齢車両保険あり車両保険なし
20歳以下95,664円65,322円
21~25歳以下77,643円53,017円
26~29歳以下61,560円42,035円
30~34歳以下57,456円39,233円
35~49歳以下53,865円36,781円
50~54歳57,456円39,233円
55~59歳61,560円42,035円
60~64歳66,295円45,268円
65歳以上68,947円47,079円

※条件により異なります。

ご自身の場合はこちらで調べてみてください。

  NTTイフの自動車保険

 

納車

全てのことを決めて、契約など済ませたらやっと納車です。

持ってきてくれることもありますが、取りに行くこともあります。

持ってきてもらったら「納車費用」と言うことで別費用が掛かることがあります。

家族に家の車で送ってもらって、帰りは2台で買えるのがベストです。

 

まとめ

通勤用として用途を限定して考えると、中古車購入と、リースで比較してみました。

 中古車購入中古車リース
選定場所

カーセンサー

ガリバー

オートックワン

アラジン
 今回の選定車種 軽自動車 軽自動車
 車体価格 4万円 –
 車検(2年ごと)5万円 – 
 リース料金(1年ごと) – 2万円
 初期費用 1万円程度 1万円程度
駐車場代(1万円/月で計算)12万円12万円
任意保険代(車両保険なし)3.7万円3.7万円
 初年度費用 25.7万円 40.7万円
 2年目費用15.7円 39.7万円 
距離制限500km/月

 

中古車は買った方が有利な条件で安く使えそうです。

故障の際は修理代を払っても、リースよりは安いみたいですね。

あまり高額な修理が必要な時は、また新しい中古車を探せばいいだけですので。

 

  自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた





スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


コメントを残す