ヴェルファイアを新車で最安値で買うための3つの方法

自動車を買おうと思った時、「どうせ買うなら一番人気があるものにしよう!」と思って、調べてみました。

今一番人気がある車種は「ヴェルファイア」です。

ヴェルファイアっていくらなのか!?

調べてみたらなんと100万円安くする方法を見つけてしまいました!

その方法とはこれです!

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


 

人気のある車種と言ったらヴェルファイア

人気車種と言えば、ヴェルファイア。

人気で売れているから値引きも少なそうです。

ヴェルファイアの人気

某サイトで調べたらこんなですよ。

 

ところが、ある3つの方法で従来よりも更に100万円安く買う方法を見つけてしまいました!!

ヴェルファイア

 

ヴェルファイアの一般的な販売価格を知る

まずは、スタート地点を知る必要があります。

普通に買うとしたら、ヴェルファイアがいくらするのか!?

どのグレードを買うのか!?

そこを決めましょう。

 

ヴェルファイアは新車だと、319万円~1,514万円です。

どのグレードを選ぶかで価格が全然違います。

 

X 319万円

Z(8人乗り) 353万円

Z(7人乗り) 357万円

ZAエディション 357万円

ZA 414万円

ZGエディション 417万円

ZA GOLDEN EYES 431万円

ZA Gエディション 458万円

V(8人乗り) 395万円

V(7人乗り) 399万円

VL 484万円

Executive Lounge 652万円

ロイヤルラウンジ 1,387万円

ロイヤルラウンジSP 1,494万円

 

とんでもなく色々なグレードがあります。

さすが人気車です。

いちいちディーラーをまわったりするのはとても大変です。

手間も時間もかかります。

しかし、各自動車メーカーのサイトには、割引価格など載っているわけはありません。

ネットで見積もりを取れるサイトがあるので、それを利用しましょう。

 

⇒ 【公式サイトを見てみる】新車の無料見積ならオートックワン!

オートックワン

 

これを知っているだけで、一発目にディーラーから見積もりを取るときに目安ができます。

営業マンによっては「ヴェルファイアは人気車種なので、マックス割引が10万円なんです!これはどこに行っても同じです。」なんてもっともらしいことを言うことがあります。

 

でも、先にオートックワン等で見積もりを取っておくと、金額がわかります。

手元の見積金額と比較して高い場合は「本当はもっといけますよね!?」と裏付けのある強気で交渉に臨めます。

このスタート時の見積もりは絶対に準備しておきましょう。

⇒ 【公式サイトで見積もりを取っておく】新車の無料見積ならオートックワン!

 

自分の愛車の下取り価格を知る

新車を買うとき、今乗っている自動車はディーラーに下取りしてもらうことが多いでしょう。

営業マンは「ちょっと色を付けておきます。」なんて言って、こちらを気持ちよくさせたりします。

実際はどれほど色を付けてくれたのかなんて素人にはわかりません。

 

ここも先に下調べして一般的な買い取り価格を知っておきましょう。

中古車買い取り業者に買取価格をあらかじめ聞いておくのです。

 

実は、ここにもコツがあります。

自動車の買取価格は、お店の力や季節などでかなりバラツキがあります。

50万円以上違うことも普通にあります。

元々のディーラーの下取り価格と比較すると10万円~30万円違うことも平気であります。

そういった意味では、1社だけでなく複数社から見積もりを取った方が有利です。

 

複数社の中で最も高く買い取ってくれるという情報をもって、ディーラーと下取り価格についても交渉します。

もし、ディーラーが白旗をあげてしまったら・・・

買取をしてくれるその会社に買ってもらったらいいだけです。

電話一本で来てくれます。

 

1つのサイトに申し込むだけで、一括で複数社から見積もりが取れます。

もちろん、無料です(^^

 

一括査定.com

かなりたくさんの会社から一括で見積もりがとれそうです。

⇒ 【公式サイトで一括見積を取る】安心な車査定をするなら一括査定.com

一括査定com

 

 

カーセンサー.net

テレビやラジオのCMでよく聞くカーセンサーです。

有名な分安心して利用できます。

⇒ 【公式サイトで見積もりを取る】カーセンサーnet

カーセンサー

 

カービュー

こちらも全国対応で買い取ってくれます。

⇒ 【公式サイトで見積もりを取る】カンタン約3分のオンライン車査定

カービュー

 

楽天オート

こちらの有名、あの楽天の自動車買取サイトです。

楽天ポイントももらえるので楽天を使っている方はいいかも。

⇒ 【公式サイトを見る】楽天の愛車一括査定!
最大9社へ一括査定!査定依頼でもれなく楽天スーパーポイントプレゼント!

楽天オート

 

 

愛車の年数が10年越えの場合や、事故車の場合、買取をしてくれないことがあります。

そんな時は、こちらに相談してみてください。

事故車買取のタウ

⇒ 【公式サイトを見る】事故車・故障車・不動車なんでもOK!

 

カーローンを見直す

自動車を買うとき、現金一括で払えれば一番いいのですが、多くの場合カーローンを使います。

ローンを使うと当然金利がかかります。

この金利は低ければ低いほど有利です。

 

銀行系のローンの方が利率が低いことが多く有利です。

銀行系のローンを利用する場合は、まず銀行の口座が必要です。

ここでは、全国どこでも口座を作れる楽天銀行をお知らせします。

⇒ 【公式サイトを見る】楽天スーパーポイントが貯まる銀行!楽天銀行!

楽天の場合、ポイントもたまるのでお得です。

楽天銀行の口座を持っていると、楽天ローンの申し込みが簡単になります。

しかも、口座を作るとタイミングにもよりますが、3万円分以上の楽天ポイントがもらえることがあるのです!

楽天銀行

 

もらえるのと、もらえないのでは、絶対もらえた方が嬉しいに決まっています。
⇒ 【公式サイトを見る】楽天スーパーポイントが貯まる銀行!楽天銀行!

銀行の口座を作ると、サービスの一環として、マイカーローンがあります。

金利1.9%~14.5%とかなり有利です。

(景気の動向によって金利は変わると思います)

楽天銀行のマイカーローン

300万円の買い物をするとしたら、1%で3万円です。

ローンの金利計算は少し複雑なので、実例を以下にお知らせします。

 

300万円を5年で返済するとします。

金利によって、総支払額は以下のようになります。

1.9%だと総支払額は、 3,147,180

2%だと総支払額は、 3,155,040

5%だと総支払額は、 3,396,840

10%だと総支払額は、 3,824,520

 

もし、ディーラーのローン金利が14.5%だとしたら、総支払額は 4,235,100円(A) となってしまい、金利だけで120万円以上払っていることになります。

楽天銀行のマイカーローンで、300万円借りた場合は、金利が 6.9% になる可能性があります。

この時の総支払額は、 3,555,780円(B) となり、ディーラーのローンと比較しても、総支払額で 68万円 近く差が出てしまう可能性があるんです!

 

4,235,100円(A) - 3,555,780円(B) = 金利の差額 67万9320円 !!

 

しかも、口座を作ると3万円分の楽天ポイントがもらえることがあるのでさらにお得です(^^
⇒ 【公式サイトを見る】楽天スーパーポイントが貯まる銀行!楽天銀行!

 

 

銀行がダメなら、キャッシングですが、必ず安心できる会社を選びましょう。

さらに、金利が安いところ。

金利が7.3%~18.0%の会社をお知らせします。

キャッシング・消費者金融のフクホー

⇒ 【公式サイトを見る】キャッシング・ローンのことならフクホーへ!

 

まとめ

まずは、自分が買いたい車種を明確にしましょう。

そのあとで、以下の3つのポイントを押さえます。

そうすれば、楽々100万円以上安くヴェルファイアの新車を手に入れることができる可能性があります!

 

【ポイント1】

新車の見積もりを事前に取っておき、それを目安にディーラーと交渉しできるだけ安い見積もりをゲットする!

⇒ 【公式サイトを見てみる】新車の無料見積ならオートックワン!

【ポイント2】

愛車の下取りは、中古車買い取りサイトで先に見積もりをもらっておき、ディーラーの下取り価格を吊り上げる!

ディーラーとの交渉決裂の時は、中古車買取サイトで見積もりを取った会社に売る。

⇒ 【公式サイトで一括見積を取る】安心な車査定をするなら一括査定.com

【ポイント3】

銀行系のマイカーローンの金利を調べておき、ディーラーが提示するローンと比較する。

金利が低い方を選ぶことで総支払額で大きな差が出る。

⇒ 【公式サイトを見る】楽天スーパーポイントが貯まる銀行!楽天銀行!

この方法は、実行しても1円も使いません。

少しの手間だけで大きな差が出るので、絶対やったほうがいいです。

 

1円でも安くヴェルファイアを手に入れることを願っています!

  自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた





スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


コメントを残す