iPhoneからandoroidに乗り換えてみたら、驚くほど簡単だった

iPhoneはXS(テンエス)から10万円を超える機種が出てきました。

人気の大画面はiPhoneXSMaxと言うことで、一番高い機種は約18万円となっています。

「パソコンより高いよ!」「電話でしょ!?」と、行き過ぎた高額化に気持ちがなえた人も多いようです。

でも、Appleからandroidに乗り換えるとしたら、端末を新しく買うこともあるのですが、データの引継ぎが・・・と言うのが一番の心配事ではないでしょうか?

実際に乗り換えてみたら、意外なほど簡単になっていることをが分かりましたので、お知らせします。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

iPhoneが高額化したことによる不具合

iPhoneが10万円を超えたことで意外な不具合が起きているようです。

「ローンの審査が通らない」そんな人が続出しています。

ローンの審査には、「10万円」と言う一つのハードルがあるようです。

これまでは、10万円以下だったので、分割払い(ローン)の審査も比較的通りやすかったようですが、今回(2018年9月)にXS(テンエス)が出ることで、10万円を超え、審査が通りにくくなってしまったようです。

スポンサーリンク


 

iPhoneからandroidに乗り換えるときの障壁

iPhoneはAppleの提供するiTunes等を使っているので、かなり特殊です。

データがApple内で完結していて、androidに移行するのは大変な作業でした。

ところが、2018年9月現在で実際にiPhone→androidに移行してみたのですが、かなり簡単になっています。

 

特別な設定などはほとんどありません。

しかも、移行のためのソフトが無料で提供されています。

 

移行することを考えると以下のようなものがあることを知っておいてください。

OS

ios(iphone(Apple))とか、Android(google)とかは、OSなのです。

それぞれ開発した会社が違いますし、ライバル会社なので、互換性を持たせるメリットはありません。

そこで、移行には必ず変換ソフトが必要です。

 

アプリ

スマホを使う上でアプリは必須です。

スポンサーリンク

iphone→iphoneの機種変の場合は、itunesで自動的に同じ環境が構築できます。

ところが、iphone→androidの場合は、自動という訳にはいきませんので、何のアプリが必要なのか紙にメモするなどしておいた方が良いでしょう。

スマホのアプリ

 

ゲームなどのIDやパスワードは忘れてしまっていることが多いです。

移行の作業前ならば、比較的簡単に確かめることができます。

事前に一覧にしておくと間違いがありません。

 

データ

アプリのIDやパスワードもさることながら、一番外せないのが「画像」や「動画」などのデータではないでしょうか?

アプリのIDが分からなくなってももう一度頑張ればなんとかなります。

ところが、写真などは二度と手に入りません。

絶対に失ってはいけないものなのです。

スポンサーリンク

 

iPhoneに寄せたandroidの出現

少し前のandroidは本当にチープでした。

1万円~2万円くらいの端末では、動きがカクカクしてしまったり、止まってしまってしまったり・・・

はっきり言って使い物にならない「おもちゃ」でした。

タブレット

ところが、最近の端末は2万円~3万円も出せば、ミッドレンジクラス(中くらい)の端末が手に入るのです。

スポンサーリンク


iPhoneがハイエンド(上くらい)だとしても、最近のiphoneはミッドレンジだと思えるのは筆者だけでしょうか。

 

それが、最近では、iPhoneと見た目も、操作性もほとんど変わらないandroid機が出現しているのです。

android

 

動きはサクサクしていて、動画も滑らかに再生できます。

例の「ノッチ」だってあります。

ノッチ

パッと見、最新型のiPhoneと見分けがつかないほどです。

 

移行アプリが出現

データの移行やOSの移行が大変そうなのですが、ハーウェイのP20liteと言う端末では、iPhoneへの移行ソフトが自動で起動しました。

androidの引継ぎ

 

書いてある通りにするだけで、「連絡先(電話番号リスト)」「写真」の移行は100%できました。

メモ帳も行けるはずだったようですが、設定ミスなのか、ダメでした。

 

メモは別に移行するといて、重要な「連絡先」と「画像」が移行されたことは実に進歩。

アプリは、新旧2台のスマホを並べて1つずつ設定していけばいいのです。

 

画像に関しては、googleフォトをダウンロードしておけば、新しい端末でログインするだけで写真は復元できます。

 

データ移行の簡単なからくり

データの移行は、簡単に言うと、古い方の端末(iPhone)と新しい端末(android)にインストールします。

古い方の端末でIDとパスワードが発行されます。

そして、WANのような専用のwifiに接続します。

新しい方の端末で先のIDとパスワードを入力したらデータの移行は自動で始まります。

 

1時間かちょっとかかるけれど、操作は簡単です。

あとは、android端末について何を選ぶかが必要です。

今回はハーウェイのP20liteを選びました。

 

2018年9月現在で約3万円くらいです。

もらえるポイントの方は2万5000円くらいです。

18万円と比べたらかなり買いやすい!!

→ P20 Liteの最新価格を見る

 

ハーウェイとは、サムスン、Appleに次いで、世界第3位のスマホ製造メーカーです。

質が悪い場合、世界3位までにはなれません。

ここらで一つAppleとiPhoneに見切りをつけて、androidデビューしてみたらどうでしょう? 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています