見えないものが見えるようになる裏技!あなたの持っているスマホで赤外線が見える

見えないものは見えません。

それが見えると不思議な体験と言えます。

そんな体験を今日、身近なものを使って今すぐ体験してください。

具体的に言うと、赤外線を肉眼で見ます!

 

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

 

赤外線とは

遠赤外線とは、日常見える色の可視光線の外の色(光)のことを言います。

物としては、存在しているのですが、目に見えない光なのです。

赤外線とは

目に見えない光は「紫の方向」「赤い方向」があります。

赤い方向の見えない光(可視光の外の光)を「赤外線」と言います。

スポンサーリンク

見えない光、それが赤外線なのです。

 

テレビのリモコンやトイレのセンサー、ATMなどの静脈認証センサーなどに使われています。

テレビのリモコン

 

赤外線を見る方法

必要なもの

準備するものは以下の2つだけです。

どこの家にもありそうです。

 

  • スマホ(もしくは携帯)でデジカメ機能が付いているもの
  • テレビのリモコン

 

実験方法

テレビのリモコンの先端で黒い樹脂の部分を見つけます。

スポンサーリンク


リモコンの樹脂の部分

 

これをスマホや携帯のカメラ機能で覗き込みます。

(シャッターを押す必要はないはない)

 

結果

見えないはずの赤外線が、紫色の光として肉眼でとらえられます。

スポンサーリンク

 

ボタンを押していない状態

リモコンOFF

 

ボタンを押した状態

ボタンを押した状態

 

見えましたか?

この紫色の光が「赤外線」が肉眼で見ることができた光です。

 

これは、本来は見えない肉眼に見えない「赤外線」の光をスマホのカメラ機能を通すことで、近似的な光に(人間が見えやすい光に)変換されます。

その光を見るので、人間の肉眼でも見える光になっているのです。

 

今日知ったとして、今日試すことができる実験です。

ぜひ、我が物顔で周囲の人に話してみてください(^^

スポンサーリンク


 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています