新学期に簡単に友達を作るコツ

2017年3月22日

新学期は新しい友達を作る絶好のチャンスです!

しかし、人見知りの人にとっては、一気に環境が変わってしまい不安を感じる時でもあります。

ちょっとの勇気を出すだけで、友達は驚くほど簡単に作れます!

新学期が不安な人は、是非参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

 

自分から話しかける勇気が必要

新学期に友達を作ろうと思う人は、【自分から話しかける勇気】を持ちましょう!

友達を作るコツ

というのも、現実には、『話しかけられたい』と、きっかけ待ちをしている人の方が多いからです。

自分から話しかけてしまえば、意外に相手もそれを待っていて、意気投合してしまうなんてケースはよくあります。

 

特に最初は、席の近くの人の方が話しかけやすいです。

スポンサーリンク

席の前後に気になる人がいたら、勇気を出して話しかけてみましょう。

でも、話しかけた相手が必ずしも自分と相性が良い人とは限りません!

そういう場合、話しかけても、あまり仲良くなれないこともあると思います。

 

そんな時、たった一人の失敗だけでめげてはいけません!

「この人とは合わなっただけ」と、割り切る心の強さも大事です。

「自分が悪かったんだ」などと、決して自分を責めてはいけません。

相性の良し悪しは、実際に話をしてみないとわからないものです。

 

たまたま相性の悪い人に話しかけてしまった場合、その失敗を引きずり過ぎてしまうのは良くありません。

話しかけ続けることによって、いつか必ず、相性の良い友達に巡り合えるので諦めないで声をかけてみましょう。

スポンサーリンク


『ありがとう』と『ごめんなさい』の重要性

ただし、人間関係を作る上で、『ありがとう』と『ごめんなさい』が言えない人は友人関係で非常に苦労をします。

スポンサーリンク

友達作りには挨拶は重要

たった一言、『ありがとう』や『ごめんなさない』が言えるだけで、人間関係は驚くほどスムーズになります。

 

ちゃんと感謝の気持ちを伝えられる人間や、自分の非を詫びることが出来る人間には、必ず味方になってくれる人が表れます。

人間関係でよくトラブルになってしまう人は、やはり『ありがとう』や『ごめんなさい』などが素直に言えず、事態が悪化するケースが目立ちます。

人間関係を丸く収めたいのであれば、『ありがとう』と『ごめんなさい』は欠かせない言葉です。

 

笑顔の子の周りには自然と人が集まる

そして最後に、新学期に友達を作るのに、一番大事なことは『笑顔』です。

笑顔の人に友達は集まる
いつの時代も、笑顔の子の周りには自然と人が集まります。

いつもムカムカとかイライラしている子というのは、やっぱり周りから見た時に『近づきたくない』と思われます。

一方、いつもニコニコしている子は、『近づきやすい』と思われ、人から話しかけられやすいです。

「会話に自信がない」「話しかける勇気もない」と不安に思っている人は、せめて表情だけでも明るくしましょう。

スポンサーリンク

『笑顔』でいるほうが、自然と友達が出来る可能性が高くなります。

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています