【自販機の裏技】くじ付き自販機は確実に当てる裏技とは

都市伝説的に40年以上言われ続けていることがあります。

「くじ付きの自販機で確実に当たりにする方法がある」と言うものです。

こんなことが本当にあり得るのか!?

実際にネットで言われている方法を試してみました。

 

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

 

くじ付きの自販機で確実に当てる方法とは

くじ付きの自販機とは、こんなやつです。

くじ付きの自販機を当てる

 

あまり馴染みはないかもしれませんが、自販機は飲料メーカーのものです。

自販機を作っているのは飲料メーカーではありません。

自販機は冷凍機などを作れる自販機メーカーが作っています。

スポンサーリンク


 

機械、ソフト、電気の知識が必要な機械となります。

それぞれ専門のエンジニアがいるのが一般的です。

 

その技術者の中で「ソフト屋さん」が考えた。

「自分がソフトを組んだものだけは、タダで自販機で買い物出来たら・・・」と思ってソフトに「裏技」を足した…と言うものです。

普通の人が絶対にしないであろう動作をしたときのみ自販機で当たりが出る、と。

 

ジュースを買おうとしている人が誰でもするようなことはダメと言うことです。

たまたましてしまったと言う事もほとんどないようなこと。

自販機の買い方

 

自販機は複数の会社が製造している

自動販売機は、1社や2社が作っているわけではありません。

日本自動販売システム機械工業会(JVMA)と言う一般社団法人に登録している会員の会社だけでも2桁の会社があります。

スポンサーリンク

その中でも、飲み物の自販機にかかわっている会社は以下のような会社があります。

 

  • 岡崎産業(株)
  • サンデン・リテールシステム(株)
  • パナソニック(株)アプライアンス社
  • (株)Fujitaka
  • 富士電機(株)
  • 日本コカ・コーラ(株)

 

これらの会社はそれぞれソフト屋さんがいて、すべてのソフトが同じと言うことはあり得ません。

また、同じ会社でも常に最新機を開発していて、ソフトはその機械ごとに違うと言うことが言えます。

(一部は流用している可能性が高い)

 

ちなみに、飲料メーカーごとに自販機には「色」があります。

代表的なものだと、赤はコカ・コーラ。

赤い自販機のコカ・コーラ

青はジョージアなどコーヒー系。

青い自動販売機

白はポッカ、ダイドー、伊藤園など。

スポンサーリンク


くじ付きの自販機を当てる

ちなみに、くじ付きはダイドーさんだけだそうです。

 

薄いタイプの自販機もある。

薄い自販機もある

黄色はミリオンと言う自販機のベンチャーで100円商品を扱っている会社のもの。

黄色い自販機

スポンサーリンク


自販機製造を依頼する会社と実際に製造する会社があれば、そこに何か仕掛けをすると言うのは考えにくい・・・のですが、ネットでは「確実に」当てる方法が見つかったと言うことなので、実際に確かめてみます。

 

ネットでくじで当たると言われている方法

コインを入れる順番説

ジュースを買うための硬貨は、10円、50円、100円です。

ジュースを買うお金

ジュースの値段は、2014年4月から始まった消費税の増税により130円となりました。

通常ならば、100円×1+10円×3で130円。

他にも組み合わせはあります。

10円×13で130円。

50円×2+10円×3。

50円×1+10円×8。

色々あるので、すべての組み合わせでトライしてみます。

自販機にお金を入れる

・・・あたりませんね。

1度も。

 

コインを入れる順番説

これは、30年くらい前から言われている方法ですが、コインを入れる順番です。

自販機が受け付けることができる効果を全種類準備します。

そして、額面の小さい順に1枚づつ入れていくのです。

10円、50円、100円、500円。

合計660円になります。

この後にジュースを買う。

自販機のくじを当てる

・・・普通に外れますね。

まあ、ここまでは「あり得る動き」でした。

ここからは、「あり得ない動き」を試してみます。

 

返却レバー+ボタン長押し説

返却レバーを2回下げて、買いたい商品のボタンを2秒長押し、その後5秒以内に商品を買う、と言うもの。

確かにこの動きは「あり得ない動き」です。

お金を入れて、レバーを2回下げることはあるかもしれません。

その後、ほしい商品のボタンを2秒長押し(お金は入れていない)とかしないです。

早速やってみます。

自販機にお金を入れる

・・・普通に外れますね。

 

時刻対応商品当たり説

自販機は色々な種類がありますが、このタイプなどは36本並んでいます。

現在の時刻に対応した商品を買うと当たると言うもの。

36本を24時間で割ると、1本あたり40分。

 

取材時の現在時刻は午後12時30分ごろ。

現在時刻

つまり、今日になってから750分。

18番目が当たると言う説です。

 

自販機で当てる

つまり、これが当たると言う計算になります。

どっちが午前か分からないので、念のため上から18番目と下から18番目を買ってみます。

 

・・・普通に外れますね。

2本も無駄に買ってしまいました・・・

本当は、19番目かもと、さらに2本買って、合計で4本買いました(涙

 

まとめ

自販機には、製造メーカーがたくさんあり、各社に色々な機種がある。

全部まとめて同じ挙動をすることはあり得ない。

くじ付きは現在ダイドーさんだけとのことです。

ネットにあるあらゆる方法を試してみましたが、近場の環境の自販機ではどれも当たらなかったです。

当たり確率は、各自販機ごとに設定できるそうで、1/50~1/990と設定できると言う噂がまことしやかに流れています。

ダイドーさんに確認しましたが、教えてはいただけませんでした。

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています