【意外と知らない】しめ飾りの処分方法

お正月と言えば、しめ縄、しめ飾りです。

他にも門松などもあります。

頑張って飾って、年神様をお迎えしたわけですが、処分はどうしたら・・・

これを知らないと困ってしまいます。

 

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

 

しめ縄はいつから?

まず、しめ縄、しめ飾りをいつ飾ったらいいのか?

お正月とは年神様をお迎えする儀式です。

しめ縄で年神様を迎える

年神様は、汚れたところや散らかったところが大嫌いです。

年神様をお迎えするために、人は大掃除をして新年に臨みます。

スポンサーリンク


 

しめ縄、しめ飾りは大掃除が終わった頃、クリスマスの後くらいから準備します。

しめ飾りは年神様のため

 

ただし、飾りつけ作業を行ってはいけない日があります。

1日目は、12月29日です。

「9」は「苦」を連想させるので、良くないとされています。

しかも、「29」なので「二重に苦しむ」と特に良くないです。

 

もう一日は、12月30日

12月30日は「晦日(みそか)」。

月の最後と言う意味で、最後に飾るのは良くないとされています。

 

最期の1日は、12月31日です。

スポンサーリンク

31日は「大晦日(おおみそか)」。

1年の最後の日です。

最期なので、しめ飾りには適していないのと、正月まで1日しかないので、「一夜飾り」と言って、神様をお迎えするには失礼とされています。

 

しめ飾りは、12月28日までに準備しましょう。

 

しめ飾りはいつまで?

しめ飾りは、松の内までは飾っておきます。

分かりやすい話そうですが、この「松の内」が曲者です。

地域によって日付が異なります。

スポンサーリンク


 

⇒ 【きちんと言えたら鼻が高い】三が日と松の内の違い

 

全国的には、1月7日。

関西では1月15日。

スポンサーリンク


 

松の内が終わる1月8日に外します。

松の内が15日までの地域では16日に外します。

 

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

しめ飾りの処分方法

しめ飾りを処分する方法はいくつかあります。

 

神社

神社が清めてからお炊き上げしてくれるところがあります。

松の内が過ぎたころに集めてくれています。

このころは無料で集めてくれる神社もあります。

 

一定期間を過ぎたら、有料で集めている神社もあります。

困っている場合は、神社に連絡してみましょう。

神社でお炊き上げしてくれる

 

どんどん焼き

神社でやっている場合もありますが、地域の集まりで行っている場合もあります。

たき火のように炊き上げてくれます。

お炊き上げ

最近では、低温でのたき火は禁止されている地域が多く、どんどん焼きも以前より少なくなっています。

 

燃えないゴミとして処分

神社、どんどん焼きがダメな場合、燃えないゴミとして処分することができます。

ただ捨てるのでは、神様に失礼になります。

 

塩で清めて、新聞紙などでくるみ燃えないゴミとして処分します。

しめ縄には金属部品が使われていることがあります。

ゴミとして出す場合は、分別して処分するようにしましょう。

 

 

使いまわしはNG

今年の正月のしめ飾りを来年使いまわしたりしてはいけません。

基本的に神様をお迎えするための物なので、神様が天に戻られた後には処分します。

一番いいのは燃やすことです。

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています