【格安SIM】楽天モバイルに最も有利に契約するための注意点

利用料が高いソフトバンクから、格安SIMの楽天モバイルに乗り換えを考えています。

その時に注意すべきことがいくつかありますので、お知らせします。

これを押さえておけば、最大限にお得に契約することができます。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


 

「最大限のお得」とはどんなことか

楽天モバイルは、色々なお得なキャンペーンが展開されています。

 

  楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

 

メーカー認定整備済みiPhoneもあります。

  メーカー認定整備済 iPhone

 

さて、料金の話に戻ります。

例えば、2017年12月では、自分が2回線目を契約したり、家族が契約すると、事務手数料無料+最大3か月基本料金が無料です。

 

事務手数料は、3,394円 (税込 3,665円)です。

地味に高いです。

これが無料になると嬉しいですね。

 

そして、基本料金は、プランによりますが、1,250円~6,150円です。

楽天モバイルの料金表

※楽天モバイルの公式サイトより

スーパーホーダイの場合、Sで1,980円、Mで2,980円、Lで4,980円です。

最大3か月分としても結構な割引です。

楽天モバイルの料金プラン

※楽天モバイルの公式サイトより

 

この「最大」と言うのが意外とクセモノなのです。

2か月分は、フルに割り引かれますが、携帯電話会社は締めが月末と決まっています。

たとえば、1月1日に契約したら1月31日までが「1か月目」です。

31日丸々使えます。

 

1月25日に契約したら、1月31日までが「1か月目」になります。

6日間で「1か月」になってしまうのです。

 

1月31日に契約したら、1月31日までが「1か月目」です。

わずか1日で「1か月目」を使い果たしてしまうのです。

 

  料金ページ

 

楽天モバイルの契約

 

どうすれば最大限のお得か

お得度を最大にするには、月初に申し込めばいいのですが、「それはいつからか」という問題が出てきます。

スポンサーリンク


 

  1. サイトから申し込んだ日
  2. 端末が届いた日
  3. SIMが届いた日
  4. SIMを開通させた日

 

いくつかのパターンがありますね。

サイトから申し込んだ日は、この日から・・・まあ考えやすいです。

端末とSIMが別々に届きますので、それぞれが手元に届いた日からと言うのもあり得ます。

SIMを端末に入れて、開通させる作業がありますが、これが完了した日と言う可能性もあります。

 

答えとしては「4.SIMを開通させた日」が契約スタートとなります。

 

では、具体的にどうすればお得度は最大になるでしょうか?

楽天モバイルにいつ契約したらいいか

 

具体的にいつ申し込めばいいのか

例えば、契約を1月1日にしたいとします。

その場合は、前月の12月25日ごろに楽天モバイルのサイトから申し込みます。

 

  楽天モバイル

 

受け取りを12月31日に指定します。

数日前後する場合もありますが、数日余裕を持っていますので、間に合わない可能性は低いです。

 

そして、1月1日に開通センターに電話をして開通します。

この時点で、MNP前のキャリアからは解約することになります。

 

これでお得度を最大にすることができます。

 

申込時お得情報

申し込みの時、2回線目を申し込むときは、3か月無料+事務手数料無料のキャンペーンがあります。
ところが、1回線目は何にもないのです。

そこで、「紹介されて」始めたことにすることで、最大1,500ポイントをもらう方法があります。
申し込みの時に「紹介者のユーザID」のところで以下を書くだけです。

 

紹介者のユーザID
ra17100779548

 

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

  • スーパーホーダイ: 1,500ポイント
  • 組み合わせプラン(通話SIM): 1,000ポイント
  • 組み合わせプラン(データSIM): 500ポイント

 

もらったポイントは、月々の基本料や通話料に使えます。
もちろん、楽天市場での買い物にも使えるので同じ申し込むなら100ポイントでももらえた方が良いですね^^

 

 

  乗り換える前に絶対やっておくべきことAppleIDの変更

 





スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す