【オフィスで涼しく過ごす方法】オフィスで涼しく過ごすためのグッズ

暑い夏では職場や学校で暑い思いをすることも少なくありません。

エアコンが効いていて涼しいときもありますが、今どきどこも節約やエコで設定温度が28度など・・・

必ずしも涼しいとは限りません。

そこで、涼しくなるグッズや方法をお知らせします。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


 

涼しくなるグッズ

涼しくなるためには、エアコンや扇風機など電気的なものと、気化熱を利用した自然現象的なものがあると言えます。

まずは、自然現象を利用したグッズをお知らせします。

 

首元ひんやりスカーフ

白元アース株式会社、アイスノンの関連製品です。

首元ひんやりスカーフ

首に巻いて使う製品ですが、内側がメッシュ状になっています。

その中に、高吸水性繊維が入っています。

つまり、保水していて、少しづつ蒸発して、ひんやりする、と言う商品です。

 

楽天市場でも簡単に手に入ります。

 

アマゾンでも簡単に手に入ります。

      

 

買ってみるとこんな感じです。

ひんやりスカーフ

意外とこじんまり?

水を吸わせると確かに少しひんやりします。

一つだけ弱点があります。

 

マジックテープの部分が少しチクチクします。

スカーフの弱点

スカーフが引っかかったら、首が締まってしまわないように一部がマジックテープになっています。

その分、若干弱点になってしまっています。

 

でも、ひんやりするのは間違いない。

オフィスで暑い思いをしている方はぜひ使ってみてください。

 

似た商品もありますので、デザイン性が気に入らない場合は、好きなものを選んでもいいと思います。

 

 

制汗シート

気化熱を利用したものは、制汗シートもあります。

シート

簡単に言うと、アルコールがしみこませてシートで身体を拭くことで気化熱を利用して涼しくなるのです。

制汗シート

スポンサーリンク


臭いがあるものもありますが、オフィスでは臭いは周囲の邪魔になるかもしれません。

無香料がお勧めです。

ただし、無香料でもアルコールの匂いが少しします。

使いすぎには注意が必要です。

 

ホームセンターでも買えますし、通販でも買えます。

 

メントールの効果なのか、一度拭くとしばらくすーっとしてかなり涼しく感じます。

これはかなりいいですよ!

 

卓上ファン

卓上ファンは電気式です。

ファンを回して強制的に冷やします。

卓上ファンで冷やす

 

これちょっと面白いのが、LEDで時計の表示があるのです。

扇風機のファンの部分に時計があるのです。

 

さて、開封。

ファン開封

 

LEDの部分は、表示させたり、表示させなかったり、設定できます。

LEDが面白いからこの製品を紹介したわけではなく、オフィスでは音がうるさいと気になります。

これはあんまり音がしないのです。

 

時計が表示された状態

そして、何より風量が少ないと涼しくない。

この製品は、小さいながら風量が比較的多いです。

 

時計を表示させていない状態

 

大きすぎると邪魔になるので、オフィスに持ち込みにくいですよね。

これは小さいので便利です。

 

最後に、電源です。

あまり電気を使うものは持ち込みにくいです。

もちろん、会社に「電気使っていいですか?」と聞いて許可をもらえればいいのですが、ほとんどの企業はNGと答えるでしょう。

 

だって、わざわざ無駄な電気を使わせる理由が会社にはありません。

こっそり使うならば、できるだけ消費電力を抑えたものを。

これならば、USBなので、5Vです。

かなり抑えられていると言えます。

パソコンのUSB端子につないで気軽に使えます。

 

そして、充電バッテリーを持っていけば、1日フルに使っても十分バッテリーが持ちます。

ファン+スマホ充電でもまだまだ使えますよ♪

 





スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


コメントを残す