よく読んで頂いている人気の記事はこちら

よく読んで頂いている記事をラインナップしました。

住みここち自治体ランキング1位の中央区の魅力を住人の立場で検証

2021年の「住みここち自治体ランキング<福岡県版>」※によると、1位は3年連続で「福岡市中央区」だった。2位は「福岡市城南区」、3位「糟屋郡新宮町」。

福岡市中央区と言えばと、天神があるので福岡県のみならず、他県からも人気があるだろうということは容易に想像できるが、それは単に「遊びに行く場所」としての評価と言える。アンケートのタイトル通り「住みここち」となると評価は変わってくる可能性もある。

そこで、福岡市中央区在住の筆者が実際に住んでいる者の立場で改めて福岡市中央区にについて考えてみた。

※2021年、大東建託株式会社 賃貸未来研究所が国内在住の521,456名を対象にインターネットでのアンケートで集計を行った。集計期間2021年3月17日~3月30日。

 

天神など繁華街が近い

福岡市中央区を語る上で天神は外せない。しかし、住んでいる者としては「観光地」として捉えている部分もある。実際に生活で利用するようなお店、具体的にはファッションやグルメは大名や上人通りなど天神よりは西側に流れているように感じる。この辺りは狭い道も多く、自動車は通れないわけではないが、遠慮がちに通るちょっとした歩行者天国と化している通りもある。コロナ禍以前は夜中まで気軽に飲み歩ける店が多く、ファッションもグルメもお店ごとの個性が感じられ、とても魅力的な場所だ。一例を挙げると、冷やしおでんの店、焼き芋の店、鳥皮焼き鳥専門店など聞いただけで興味をそそられる店がいくらでもある。しかも、女性でも1人で飲み歩けるほど治安もいい。繁華街にありがちなダークな印象は少なくとも筆者にはない。

天神

六本松は新しいおしゃれな街になって復活

新しいものが大好きな福岡の人間としては六本松の再開発も見逃せない。古くは学生街で安くて量が多い定食屋、居酒屋が多かったイメージだが、新しい六本松はもう少し大人の街となっていて本を読みながら気軽にカフェオレを飲み、ガラス越しに街並みを楽しめるような場所になった。唐揚げ専門店やメロンパン専門店、とんかつ専門店、本格蕎麦きりの店などこれまでになかった魅力的で親しみやすいお店も次々オープンしている。

六本松

舞鶴公園や大濠公園、西公園など緑もある

生活を考えると、週末に家族と出かけリフレッシュしたいと考えた時、中央区は公園など緑が多いことに気づかされる。舞鶴公園、大濠公園、西公園、南公園などのかなり大きな公園で気軽に出かけられて半日は十分楽しめる場所ばかりだ。舞鶴公園は花見の名所にもなっている。花見の時期には出店も多いので、隣接する福岡城跡・舞鶴公園・大濠公園と散歩して回るだけで楽に1日は楽しめる。

わざわざ出かけなくても赤坂公園、小笹中央公園、梅光園緑道、輝国公園など家のすぐ近くに児童公園よりも比較的大きめな公園があり、気合を入れて出かけなくても気軽に楽しめる。緑や公園が多いというのは生活する上でリラックス効果は高い。特に小さい子供がいるとその恩恵を実感する。

スポンサーリンク


 

福岡市動植物園は子供を連れて出かけやすい

街中に動物園がある都市が日本中でどれだけあるだろうか。動物園とはその性質上、広い土地を必要とするのが福岡の場合、動物園は中心部から近い位置にある。福岡は元々コンパクトなまちなので、行きやすい距離にある。ただし、地下鉄などの駅は近くになく、バスか自家用車で行くことになると思われる。コロナ禍以前は人気過ぎて週末となれば周辺の駐車場がどこも満車となっていた。その分、バスが発達して動物の写真が載ったラッピングバスや内装に動物のぬいぐるみがあしらわれたバスもあり、動物園に着く前から楽しみは始まっているようだった。

福岡市動物園

病院も意外に多い

福岡市が把握している病院・診療所の数は全部で2703か所、その内中央区にあるのが661箇所(24.5%)となっている。他の区の状況は、多い順に博多区463(17.1%)、南区391(14.5%)、東区361(13.4%)、早良区355(13.1%)、西区297(11.0%)、城南区175(6.5%)となっている。数値にしてみると分かりやすい。2位の博多区よりも40%近く病院・診療所が多いことが分かる。確かに家の周辺に病院がたくさんあることに気づかされる。

病院

スーパー・コンビニが多い

生活する上でスーパーやコンビニは欠かせない。2019年10月1日時点 (株)矢野経済研究所の調査によると福岡市内のスーパー・コンビニの数は以下となっている。スーパーは、東区41件、博多区36件、中央区34件、早良区31件、南区29件、西区28件、城南区14件。中央区は3番目だが区の広さに対しては十分な数ではないだろうか。

コンビニは、博多区202件、中央区136件、東区107件、南区75件、西区65件、早良区64件、城南区36件。オフィス街もあるので博多区に続き2位というのは理解できる。

スーパー

まとめ

福岡市中央区は天神、長浜ラーメンなど観光的な要素が高い場所もたくさんあるが、夜中でも安全に、安く食べたり飲んだりできる場所が多い。天神のような繁華街もある一方で、公園もすごく多く、都市と自然が同居しているエリアと言える。買い物も便利で病院も多い。住んでいて堅苦しさがない。渋滞するような道もごく一部で夜中でも静かに過ごすことができる場所が多く、住んでいる人間としては満足度が高いと感じている。今回のランキング結果には納得であった。

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

未分類

Posted by okuno