新幹線の自由席券の有効期限は!?どれでも乗れるのか?明日に変更できるのか?

飛行機に乗り慣れていると、チケットには便や時間が必ず記載されています。

新幹線のチケットを買うと困惑します。

どの便か書かれていないし、時間も書かれていません。

「どういうこと!?」とお困りの場合はこちらでお知らせしています。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

新幹線の自由席券の有効期限は?

新幹線の自由席のチケットの有効期限は1日です。

新幹線のチケット

 

明日に変更できるのか?

日付は記載があり、その日1日だけ使えます。

 

以前は、2日間使えましたが、2014年(平成26年)4月1日発売分から、有効期間開始日当日限り(1日間)に変更になったのです。

 

どれでも乗れるのか?

新幹線の自由席のチケットがあれば、その日1日の目的地までの新幹線はどれでも乗れます。

スポンサーリンク

「のぞみ」だろうが、「こだま」だろうが、新幹線ならどれでもOKです。

スポンサーリンク


 

乗り換えもOK。

例えば、東京→博多の場合、東京→新大阪で乗り換えて、新大阪→博多でもOKです。

新幹線のチケット

 

どうしてこういうことが起きるのか?

新幹線をネット予約する場合、「スマートEX」等を使います。

この時、新幹線に乗る日を決めた後、「便の候補」を選ぶようになっています。

新幹線のチケット

※JR公式サイトより

 

そのため、「12時31分のぞみ107号に乗るぞ!」とか具体的な便を選定するのですが、自由席の場合はそれがチケットに印字されないのです。

指定席の場合は、その便のその席のみおさえるので印字されるので、こう言った誤解は生じないのです。

スポンサーリンク


 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています