Googleのストレージを無料で15GB→2TBにアップグレードする裏技

2021年6月1日Googleフォトの無料アップロードが終了!

困ったという方も多いはず。

あなたは大丈夫でしょうか!?

この問題の解決策をお知らせします。

スポンサーリンク

Googleフォトの無料アップロード終了とはどういこと!?

Googleフォトは、16MP以上の画像は16MPに圧縮されて保存されます。(無料の場合)

16MP以下の画像はそのままアップロードされています。

Googleフォト

ちなみに、16MPとは、1600画素(16万画素)の画像を言い換えたもの。

iPhone 12 Pro Max~iPhone SEは1200万画素なので、アップロードしても圧縮されません。

iPhone 6~iPhone 4sは800万画素で、こちらも圧縮されません。

要するに、iPhoneの画像をアップロードする限りは圧縮されなかったのです。

画像はどれだけアップロードしても、Googleフォトの容量が減ることなく保存することができました。

 

Androidの場合、24MPなどの画像もあり、この画像をGoogleフォトにアップロードすると、24MP→16MPで保存されてしまっていました。

要するに、ほとんどの人はGoogleフォトを無制限に無料で使えていたのです。

 

2021年この無料サービスが終了して、元々ある15GBの容量が減っていくというのです。

 

Googleのストレージを無料で15GB→2TBにアップグレードする裏技

2TBってどれくらいでしょうか。

TBは「テラバイト」と読みます。

2TB=2000GBです。

 

元々あるGoogleフォトの容量は15GBなので、2TBとは、15GBの133.33倍の容量になるのです。

Googeの計算では、15GBで4年間は画像をアップロードできると考えているみたいです。

 

そのままの計算で行けば、2TBあれば533年持つ計算になります。

2020年現在の世界最高齢は日本人で117歳とのこと。

スポンサーリンク


2TBバイトあればほぼ無制限に使えるという事になります。

 

ただ、通常2TB使えるようにしたら、月々1、300円かかります。

1年間で15,600円。

これが無料になるならば、ぜひ知っておきたいところです。

ストレージを買う

 

GoogleMAPに画像をアップロードする

さて、具体的に何をすると容量が無料でアップできるかと言うと、GoogleMAPに写真をアップロードすることです。

GoogleMAPに画像をアップすると「ローカルガイド」になることができます。

ローカルガイド

画像は「ローカルガイドレベル8」

 

このローカルガイドには、レベルがあって、1からスタートして、10まであります。

ローカルガイド●以上になると、Googleから「特典」がもらえます。

この特典のうちの一つが、「ストレージ2TB」なのです。

容量アップ

Googleフォトだけではなく、メール、GoogleDriveもストレージは共通です。

つまり、フォトだけではなく、メールの受信容量、GoogleDriveの容量もほぼ無限に使えると言うわけです。

 

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています