書き損じた年賀状は郵便局で交換してくれる!その条件とは!?

令和最初のお正月が来ます。

2020年の年賀状は、1枚63円となっています。

でも、年賀状って毎年書き損じるんですよね。

書き損じた年賀状はどうしたらいいのか、備忘録的にまとめました。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

書き損じた年賀状は郵便局で交換してくれる

年賀状って、毎年必ず書き損じますよね?

「書き損じ」と言うよりは、「印刷ミス」ではないでしょうか。

表と裏を間違えて、宛名の面に絵柄を印刷したり・・・

年賀状の交換

年賀状って、書き損じたら郵便局で交換してもらえるのをご存知でしょうか?

スポンサーリンク


いくつかの条件を満たしていたら、年賀状や普通はがきに交換してもらえるのです。

 

年賀状を交換してもらえる条件

年賀状を交換してもらうには、いくつかの条件があります。

書き損じ年賀状の交換

スポンサーリンク


条件1:未使用(郵送していない)であること

当然ですが、既に送ってしまった年賀はがきは、交換できません。

 

条件2:今年の年賀状であること

2020年の年賀状の場合は、2019年12月に送ると思います。

「今年の」と言うのは微妙ですが、2020年の年賀状は、2019年の年賀はがき販売期間終了まで交換してもらえます。

一般的に、年賀状販売期間は、11月1日から翌年の、1月11日までです。

なんか、「1」ばかりなので覚えやすいかも。

 

条件3:手数料1枚5円

交換手数料として1枚に付き5円必要です。

書き損じの年賀状の交換

スポンサーリンク

昔は、払い戻ししてくれていたのですが、最近でははがきからはがきなどへの交換しかしてもらえません。

普通はがきや切手などにも交換してもらえます。

 

 

ちなみに、年賀状と言えば以下のような情報もあります。

→ 年賀状を出来るだけ安く買う方法

→ 年賀状用の画像をタダで手に入れる方法

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています