iPhoneの画面が割れた!どうしたらいいの!?

iPhoneってつるんとしているので、ちょっとしたはずみで手が滑って落としてしまうんですよね。

スマホも含めて画面が割れた時のあの絶望感・・・

万が一落としてしまったらどうしたらいいのでしょうか!?

調べ上げてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

 

iPhone7は本体の材質が従来のアルミ製からと変わりセラミック製になったとされています。

固くなったのですが、落下の衝撃に弱くなっています。

iPhoneの画面のヒビ

 

現状を把握する

iPhoneやスマホの画面が割れた時、まず、今の状態を知ることから始めましょう。

故障の程度を知ることで、対処法が変わってきます。

スポンサーリンク

iPhoneの画面は下図のような仕組みになっています。

iPhoneの画面の仕組み

 

静電容量方式という方式をとっています。

透明電極膜が貼られているタッチ面に指で触れると生じる静電容量(電荷)の変化を静電センサーが検知します。

押された場所の距離や時間を、計算によって割り出すというもの。

マルチタッチと言って、2か所でも3か所でも同時に押せるのがこの方式のメリットです。

デメリットは手袋やタッチペンが使えないことです。

 

注目すべきはどこまで壊れたか、ということです。

ヒビが見えるくらいなので、2層目のディスプレイまでは割れているでしょう。

本体まで破損していたら、正常動作しません。

スポンサーリンク


割れたままでも画面のタップなどできます。

 

本体まで破損した場合と、図でも表示しているフレキケーブルと呼ばれる配線が切れてしまった場合、タッチパネルの操作はできません。

フレキケーブルは、タッチパネルに接着してあるので、落としたショックで外れてしまったことが考えられます。

液晶の方のフレキケーブルが外れてしまった場合は、そもそも画面が映りません。

iPhoneの画面のヒビの修理

ヒビが入っただけならば、見た目は悪いですが、そのまま使うことができます。

ただ、割れたガラスを指でなぞるわけですので、けがの可能性があります。

修理されることをお勧めします。

 

修理はどこでできるの?いくらかかるの?

キャリアの対応

各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に持ち込んでもいいのですが、結局Apple製品はAppleしか修理できないのです。

各キャリアの保証サービスに入っていたら、費用はかからずに修理してもらえるはずです。

スポンサーリンク


以下の付帯サービスに入っているかどうかの確認をしてください。

 

  • ドコモ:ケイタイ保障サービス
  • au:auスマートパス
  • ソフトバンク:あんしん保障パック

 

ただ、ドコモだと月額750円(iPhone7)、600円(iPhone6)、500円(iPhone5)と結構高額です。

750円だとしたら、年間で、9,000円!

 

auスマートパスは月額372円かかります。

年間で4,464円。

 

ソフトバンクの安心サービスは月額750円(iPhone7)、600円(iPhone6以前)

破損時は会員価格で機種変できるそうです。

会員価格っていくらなのさ!?

 

ただ、3社とも破損してから加入はできません。

すでに加入している方だけ、いくらで修理できるか確認してみましょう。

 

【注意】ほとんどの場合、画像データなどのデータの取り出しや復旧はできません。

 

 

Appleの対応

iPhoneを修理するときは、まずはAppleに連絡です。

すべてのiPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。

ただし、タダではありません。

軽度の画面の損傷の場合は、3400円必要です。

これは、ヒビの大きさではなく、上図のどこまで壊れているか、です。

表面の静電センサーの場合と思われます。

それ以上の修理は11,800円以上かかるようです。

35,000円くらいかかることも・・・

iPhoneの修理

この場合は、3,400円ではすみません・・・

 

【注意】ほとんどの場合、画像データなどのデータの取り出しや復旧はできません。

 

サードパーティーに修理を頼む

各キャリアはiPhoneの修理に関してほとんど役立たずです。

Appleもタダでは修理してくれません。

 

そこで、サードパーティーと呼ばれる「それ以外」のお店に依頼することを考えてみます。

マイナーな分、早く、安く修理してくれます。

さらに、データがそのまま残っているというのが嬉しいです!

子供さんの運動会の写真や日常のなんでもない写真などはもう二度と撮れない貴重な財産ですからね。

 

あいさぽ

全国にお店があるのが安心。

⇒ 【公式サイトを見てみる】iPhone修理あいさぽ

 

即日修理で、データもそのままです。

WEBで金額を確認して修理依頼ができます。

自分で持ち込んだら、送る時間も省けます。

スポンサーリンク


 

グッドモバイル

即日対応してもらえるお店。

⇒ 【公式サイトを見てみる】iPhone修理のグッドモバイル

 

見てみると、サイトも結構しっかりしています。

水没なんかも対応してもらえます。

即日対応でデータもそのままというのが嬉しいですね。

 

自分で修理する!

「サーボパーティーに頼むのも嫌!」という方や、「部品さえあれば自分でできるさ!」という方は、部品や専用工具を取り寄せて修理するという方法もあります。

 

自分で修理.com

工具などそろったプレミアムセットと、部品だけのセットがあります。

⇒ 【公式サイトを見てみる】iPhone修理は自分で修理.com

 

27,000セット以上販売されているので安心。

腕に自信があればチャレンジ!

 

壊れたiPhoneを買い取ってもらう

壊れたiphoneを買い取ってもらって、そのお金で新しいものを買います。

ロスは大きいですが、新しいiPhoneが手に入ります。

故障の程度によって買い取ってくれない会社もあります。

 

iPhone買取のダイワン

画面が割れたジャンク品でも買い取ってくれます。

⇒ 【公式サイトを見てみる】iPhone買取のダイワン

 

買い取り実績がサイト内に表示されているので、安心感があります。

店舗数も全国に結構な数あるので安心。

 

GEEKS株式会社

ヒビや傷の程度によっては買い取ってもらえます。

問い合わせをして聞いてみましょう。

⇒ 【公式サイトを見てみる】スマートフォンの高価買取

 

ブックオフ

全国のブックオフでは電源が入らない状態のiPhoneやスマホを買い取ってくれます。

ただ、一番悪い状態だと100円ということも・・・

ジャンク品でも買い取ると言ってくれているお店を先に当たったほうが有利です。

 

画面を割らないために予防する方法

ケースを付ける

ケースを付けることで、落とした時のショックを和らげることができる可能性があります。

センスのいいものを選べばあなたのセンスが光ります。

 

caseplay(ケースプレイ)

防水・耐衝撃ケースの取り扱いがあります。

⇒ 【公式サイトを見てみる】▼LIFEPROOF日本正規代理店はケースプレイ▼

 

他では手に入らないオンリーワン商品が多いです。

日本正規代理店なので安心感があります。



HANATORA(ハナトラ)

リーズナブルで高級感溢れるスマホケース【HANATORA】

⇒ 手帳型ケースの最高峰を目指して-HANATORA

かわいいケースが多いです。

かなり高級感があるのに、驚くほど価格がリーズナブル。

フィルムを貼る

ケースを貼るとiPhoneのデザインが変わってしまって、嫌だという方もおられます。

そういう方はフィルムを貼ることで防止できることがあります。

 

Z’us─G(ゼウスジー)

スマートフォン用強化ガラス液晶保護フィルム取り扱い

⇒ 【公式サイトを見てみる】HOYA Z’us-G(ゼウスジー)

 

目とスマホを同時に保護する効果があります。



 

まとめ

iPhoneの画面が割れた時、ヒビが入ったときは、まず現状確認をします。

タッチパネルが利くかどうかを見てみましょう。

 

各キャリアの保証サービスに入っている場合は、いくらで修理してもらえるのか確認。

このとき依頼したらデータがほとんどの場合なくなります。

事前に確認しておきましょう。

 

キャリアがダメなときは、AppleCareに連絡していくらで修理してもらえるのか確認。

この時もほとんどの場合、データがなくなります。要注意です。

 

それでもだめなら、サードパーティに修理を頼みましょう。

多くのお店が、即日対応、データはそのままというところが多いです。

修理代も安く済むケースが多いです。

 

ヒビが入ってしまう前に、ケースやフィルムを張ることで故障やヒビを防止できることがあります。

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています