最近の運動会の様子と必須のアイテム5つ

最近の小学校、中学校では、運動会があって、親としては参加したいところ。

ただ、最近の運動会では知っておいた方が良い「新常識」ができています。

持って行った方が良いもの、持って行くもの、をご確認ください。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

最近の運動会の常識

テント

テントが多い!

キャンプ用品の進化と、価格の低下で、運動会にテントを持ち込む人が多いです。

運動会はキャンプ場

ちょっとしたキャンプ場と化しています。

1人用、2人用とかではなく、3人~4人用の本格的なものも使われています。

運動会とテント

スポンサーリンク


 

イス

イス、デッキチェアも多い。

イスが多い

安いものだと100円ショップで100円で買えるものもあるほど。

 

脚立

持って回れる脚立が多いです。

人ごみを超えて見学することができます。

脚立と運動会

日傘も多いので、後ろの人は見えません。

脚立も必要です。

 

一脚

カメラも固定と言えば、三脚・・・でしたが、運動会の時は素早い移動が必要な時があります。

機動性の良くない三脚ではなく、動きやすく、場所を取らない一脚が便利です。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


一脚

 

iPhone、スマホが多い

撮影は、iPhoneやスマホが多いです。

でも、運動会の場合、倍率が追い付かないです。

 

専用機のカメラがあった方が良いです。

今や動画を撮りながら、静止画を撮れます。

ビデオとデジカメを両手に2台持っていた時代は終わったのです。

 

1倍の画像はこんな。

運動会の撮影

わが子がどこにいるのか分かりません。

 

12倍。

スポンサーリンク

12倍の画像

同じ場所を取ったとは思えないほどの画像です。

向こうのテントにいる人の顔までバッチリ写ります。

 

以前と比べてカメラがずいぶん安くなりました。

でも、専用機の便利さはアップしています。

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています