【Amazonで詐欺増中】これを知らないとあなたは騙される

2017年4月28日

最近Amazonで不穏な動きがあります。

ズバリ、詐欺出品者が急増していると言うのです。

その手口を大公開しますので、あなたは絶対に引っかからないようにご注意ください。

 

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

 

Amazon詐欺の内容

Amazonと言えば、楽天市場と人気を二分するネット通販大手です。

そんな大手なのですが、普通の個人でも商品を販売できるってご存知でしたか?

例えば、Amazonのサイト内でこことか。

Amazonのマーケットプレイス

 

Amazonと言えば、Amazonジャパンが販売しているわけですが、この矢印の部分では、個人、Amazon外の業者が販売しているんです。

ご存知でしたか?

スポンサーリンク


 

すごいのは、発送はアマゾンが行っていたり、その業者さんが行っていたり、どちらもあるんです。

この商品を取り扱う業者さんをチェックすると、こんな感じです。

取り扱い業者一覧

同じ商品なのに、Amazonでは19,616円。

ある業者さんでは、783円!

送料を合わせて考えても、1,123円!

 

10分の1以下です。

本当でしょうか!?

 

Amazonには、色々な人気商品がります。

例えば、2017年4月の超人気商品はこれです。

スポンサーリンク


ニンテンドークラシックミニ

⇒ ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

 

あのファミコンのリメイクなのですが、サイズが小さいうえにソフトが元々たくさん入った状態です。

買ってきたら、すぐにテレビにつないでゲームができると言うのです。

ファミコン世代の人に人気です。

 

定価は6458円(税込み)です。

ところが、生産を中止したことと、意外な人気で品薄です。

プレミア価格となっていて、一時期、3万円とか、5万円にまで吊り上がったほどです。

 

ところが、いま少し状況が変わってきています。

送料込みで800円とか、900円と言う価格で販売されていると言うのです。

スポンサーリンク


「800円なら・・・」「900円なら・・・」と財布のひもは緩みそうですが、ちょっと待ってください!

そこに詐欺が存在するのです。

その手口を大公開です。

 

Amazon詐欺の手口

Amazon詐欺の第一段階

Amazonに登録して、人気商品を出品する。

例えば、ニンテンドークラシックミニとか。

一般的な業者やAmazonが8,000円~1万円くらいで販売しています。

そんな中、800円とか、900円とかです。

アリエナイ価格設定。

 

お客さんがかっても、なかなか商品が届きません。

「中国からの発送だから・・・」「アメリカからの発送だから・・・」と言い訳が続きます。

実際、中国や、アメリカからの発送の場合、船便が一般的で1か月から2か月かかるのも本当です。

 

中には、発送番号が知らされますが、これは全くのでたらめです。

Amazonから業者に入金があった時点で、このアカウントは一切連絡がつかなくなります。

スポンサーリンク


ただし、Amazonには、マーケットプレイス保障と言うのがあって、思った商品と違ったとか、壊れていたとか、今回みたいな商品が届かなかったとかの場合、Amazonがその損失を補償してくれるのです。

 

品物は届かないけれど、払ったお金は返ってくる。

そんなに大事にならずに、よかった、よかった・・・ではないのです。

その前に、もう一つの手口を紹介します。

 

Amazon詐欺のその2

一見普通のお店なのですが、購入後数日したら、お店側から在庫切れなので、とキャンセルが入ります。

その後、Amazonを装ったメールが届きます。

業者がキャンセルしたので、代金は返金されます、と。

安心していると、実はお金は返ってきません。

気づけば、マーケットプレイスの補償申請期間が過ぎていて泣き寝入りすることに・・・

 

Amazon詐欺の第2段階

Amazonの詐欺は、上記だけでは留まりません。

普通の商品を買ったのに、商品が送られてこないことがあります。

出品者にクレームを言います。

 

出品者からの回答は「関係ありません」と。

商品を売って、お金も受け取っているのに「関係ありません」とは何事か!?

怒り心頭で購入者は出品者の情報を探します。

住所、名前、電話番号はアマゾンに登録されているのですぐにわかります。

ストリートビューを見ても、ちゃんと存在する住所、建物。

看板ば見えるところは、その名前。

 

でも、電話をしても出ない。

出ても「関係ない」の一点張り。

被害者の一部は警察に被害届を出したり、弁護士経由で内容証明を送ったりします。

 

「もう逃げられないぞ」と意気込んでみても、何の進展もない。

高い費用を払って送った内容証明も、弁護士から「この方への請求はできません」と。

ドユコト!?

 

数日後、携帯に矢継ぎ早に電話が鳴るようになります。

出てみると「金返せ!」「詐欺!」「警察に連絡するぞ!」などなど。

しまいには、弁護士から内容証明が届きます。

 

お判りでしょうか?

バカみたいに安く買った挙句、商品が届かなかった場合、業者がキャンセルして商品が届かなかった場合、悪意ある業者から商品を買った場合、こんなとき、あなたの個人情報が業者に流れています。

 

商品を送る訳ですので、Amazonは当然購入者の住所や名前、連絡先を知らせます。

悪徳業者、詐欺業者は、この個人情報をAmazonに登録して新しく出品者のアカウントを作るのです。

その後、商品を送るつもりは元々ないので、他社が1万円くらいで出している商品でも、800円とか、1000円とかで出品して購入者情報を次々手に入れます。

 

悪徳業者は、Amazonからの支払いと、個人情報を労せず手に入れています。

そして、手に入れた個人情報を登録して新しい詐欺を働いています。

購入した被害者は、勝手に個人情報を使われ、詐欺だ、泥棒だと罵られます。

本当は被害者なのに・・・

 

 

こんな悪質な手口が現在も続いています。

いくら安くても、怪しい業者から買わないようにしてください。

 

怪しい業者の共通点

怪しい業者の共通点はいくつかあります。

 

  • 中国や、アメリカからの発送
  • 評価は3件から5件程度あり、それも☆5つでコメントも良いコメントばかり
  • 他の業者よりも格段に安い
  • 人気商品ばかり出品している

 

こうして手口を公開したので、少しは被害者が減るかもしれません。

業者は次のステップに移行するでしょう。

 

  • 他の業者よりも、ほんの少し安くする
  • 日本国内の住所を登録(その業者の住所ではない)

 

少しは時間を稼がないとAmazonから入金がないので、海外発送だとか、在庫切れだとか言って発送が遅くなるのは共通すると思われます。

 

出来れば、多くの方に知らせてあげて被害者を一人でも減らしてあげてください。

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています