【車両名義変更】法人の印鑑証明は区役所ではなく法務局で発行|絶対忘れてはいけない注意点公開【画像あり】

個人の印鑑証明は「区役所」ですが、法人の印鑑証明を取ろうと思ったら「法務局」です。

経営者だったら当たり前と思われがちですが、実作業は税理士さんや行政書士さんが行っていたりするので、意外と知られていません。

車両名義変更をする上では、印鑑証明が必要です。

法務局に行って、印鑑証明を取るとはどようななところで、どんな手続きをするのかお知らせします。

 

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

 

法人の印鑑証明は法務局が発行

個人の印鑑証明は、区役所で発行していますが、法人の場合は、法務局が発行しています。

区役所に比べて、法務局はあまり馴染みがないので、それだけでハードルが高く感じてしまいそうです。

ところが、行ってみると意外に簡単です。

 

実際にやってみると、5分で終わるような作業でした。

ぜひ、ご自身で取得されてください。

スポンサーリンク

福岡の法務局

実際の様子は以下に画像付きでお知らせしています。

 

印鑑証明書発行に必要なもの

印鑑証明書を発行するために必要なものは以下です。

  1. 法務局印鑑カード(忘れずに持って行く!)
  2. 収入印紙代450円(法務局で買える)

 

これだけです。

書類の記入が必要そうですが、法務局に設置された端末で自動的に作られるみたいです。

 

忘れてはいけないもの

印鑑証明を取得するときに忘れてはいけないものがあります。

忘れてはいけないものは、「法務局印鑑カード」です。

 

こんなやつです。

法務局印鑑カード

 

「交付申請書」は、法務局に置いてあるのでそれに記入してもいいですし、端末を使うと記入すら要りません。

スポンサーリンク


 

実際に取得に行ってみた【画像あり】

法人の印鑑証明は、お住まいの地域の法務局で取得することができます。

それぞれの地域の様子は分かりませんが、基本は同じなので、筆者の担当法務局に行ってきました。

参考になれば幸いです。

 

福岡市の場合

福岡の法務局は、中央区にあります。

場所は、google先生で調べたら出てくるのですが、「総務課」とか、「法人登記部門」とか、「不動産登記部門」とか、色々出てきてどれか分かりません。

 

住所: 福岡県福岡市中央区舞鶴3丁目5−25

 

早速行っていました。

福岡の法務局

大きな新しい建物です。

スポンサーリンク

全然記憶にないと思ったら、移転したみたいです。

 

周囲はまだ工事しているところがあるので、色々がこのエリアに集まるのかもしれません。

法務局の周囲は工事中

 

法務局は、表に駐車場があって、裏には駐輪場があります。

法務局の駐輪場

割とたくさん停められるようになっていました。

 

自転車で行ったので、裏口から入ることになりました。

法務局の入り口

 

証明書などは1階で対応してもらえるそうです。

担当窓口は1階

スポンサーリンク


 

ここが対応窓口らしいです。

暗い!

法務局の窓口

中はちゃんと明るかったです。

役所なので、廊下は節約して暗いのかもしれません。

 

さて、申請書を書こうとしたら・・・

印鑑証明

 

端末と言うのがあるらしいので、使ってみます。

これみたいです。

端末の操作と印鑑証明

 

「不動産」「会社・法人」とあるので、この場合は、「会社・法人」を押します。

タッチパネルなので、感覚的に使えます。

印鑑証明の端末

 

ここで印鑑カードを使います。

端末に印鑑カードを入れる

 

次に「年月日」です。

最初、会社登記の年月日かと思って「不詳」を押したらエラーになりました。

係の人が後ろから声をかけてくれて、「社長の生年月日ですよ」と教えてくれました。

暗証番号なのか生年月日

社長じゃないとダメみたいなので、代理の人の場合は、社長の生年月日を聞いてから来るのでしょうか?

まあ、とりあえず、社長の生年月日を入力します。

 

確認画面が出ます。

かといって、何か修正出来たりはしないので、「確認」ボタンを押すだけです。

確認画面

 

整理券がでます。

整理券を受け取る

「手数料450円」と書かれているので、室内にあるブースで印紙を450円分買います。

 

収入印紙とはこんなものです。

領収書ももらえます。

収入印紙を買う

 

そうしているうちに、印鑑証明を発行してもらえます。

印鑑証明発行

 

流れるように証明書は発行されているようで、5分くらいで印鑑証明を手にすることができました。

人は比較的多いのですが、区役所よりも早く終わりました。

 

まとめ

車両の名義変更のためには、「印鑑証明」が必要。

法人の印鑑証明書は、法務局で発行される。

「印鑑カード」を忘れないようにしよう。

 

申請書記入(端末操作)印紙購入証明書受け取り

ほとんど待ち時間がなく、全部で5分程度で終わりでした。

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています