【七草の入手方法】七草がゆはどこでいくらで手に入るのか

2018年8月25日

1月7日は七草がゆを食べる日。

なぜ、七草がゆを食べるのかご存知ですか?

あとは、どこで手に入るのか?

いくらくらいかかるのか、調査しました。

 

スポンサーリンク

 

七草がゆを食べる日とは

毎年1月7日は「七草がゆを食べる日」として認識されています。

実は1月7日の朝食に食べるものなのです。

春の七草

「正月明けにごちそうを食べたので胃を休める日」と思われがちですが、実は「五節句(人日、上巳、端午、七夕、重陽)」のうちの一つ、「尽日の日」なのです。

尽日(じんじつ)の人は「人の日」のこと。

「尽日の日」は5つの節句のうちの一つですが、「節句」とは唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことです。

別名「七草の節句」です。

 

「桃の節句(3月3日)」や「端午の節句(5月5日)」は有名ですが、1月7日は同様に「七草の節句」なのです。

この日は邪気を払って、1年の無事を祈ったと言うのが七草がゆの由来です。

 

[icon image="arrow2-r"] 【7種類全言えるか!?】七草がゆを食べる日と意外と知らない食べる意味

 

ちなみに、毎年覚えて、毎年忘れる、七草の種類とはこちらです。

  • セリ
  • ナズナ(ぺんぺん草)
  • ゴギョウ(ははこぐさ)
  • ハコベラ
  • ホトケノザ(たびらこ)
  • スズナ(かぶ)
  • スズシロ(大根)

七草の種類

 

どこで手に入るのか

七草がゆの材料となる、七草の種類を思い出したところで、これらはどこで手に入るのか考えてみます。

昔は、畑や道の脇に生えていたのでしょうが、今やそんなものを手に入れられる家庭はほとんどありません。

 

今はスーパーで7種類全部がパックになって売られています。

1月に入ったらすぐに店頭に並んでいます。

七草がゆを買えるところ

スポンサーリンク


厳密に行くならば、1月6日までに手に入れて、準備をしておき、1月7日の朝に食べるのが正式です。

でも、最近の生活事情を考えると、夕ご飯に食べても良いと思います。

 

七草の価格

価格はだいたい400円前後なのが多いみたいです。

 

最近では1杯ごとにレンチンで食べられるものもあるみたいです。

このお店では、250g298円でした。

だいたいお茶碗1杯くらいですね。

七草がゆの七草

 

正直味気ない

今の世の中、お粥って味気ないです。

美味しいものはいくらでもあります。

そんな時、お粥って・・・

 

でも、普通のお粥をおいしいお粥にする方法があります。

それは香味シャンタンです。

 

普通のお粥に入れるだけで、中華粥になります。

中華粥は、日本のお粥と違って、だしを使います。

そのため、それ自体に味がしっかりついていておいしいのです。

 

よく考えたら、日本はだし文化です。

お粥にもだしを使っても良いと思うのです。

香味シャンタンは、身近なスーパーでも手に入ります。

今年は挑戦してみたらいかがでしょうか?

 

自動車は買うのとリースどちらが安いのか本気で比較してみた

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています