1つのパスカードで2枚の定期券を使うために【その2】

前回、何とか1つのパスケースで2枚の定期券を使える方法を考えました。

乗り継いで通勤、通学をする場合は、どうしても2種類の定期券が必要だったりします。

そんなとき、1枚づつ定期券に入れるのは効率が悪いです。

そこで、なんとか1つのパスケースに、2枚の定期券を入れたいと思います。

さらに、読み取り機でエラー無く読んでほしい!

いい方法がありましたので、お知らせします。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


 

前回の復讐

カードリーダーでエラーが出るのは困ります。

人の流れを止めますし、何より恥ずかしいです。

ICカードは便利

 

前回はアルミホイルをベースに何とか自作の電波遮断器で2枚の定期券を使い分けしました。

  1つのパスケースで2枚の定期券を使うために

 

ところが、位置を代えたりちょっと面倒です。

今回は、もっと快適に使える方法を模索しました。

 

電磁波干渉防止シート

こんなものを手に入れました。

 

500円ちょっとですが、他のカードが1000円とか2000円とかすることを考えたら安い方です。

カードリーダーに渡すときこんな風に使います。

カードリーダーセパレーター

 

手前に携帯を置くことでエラーが出にくくなるものです。

ちなみ、この状態でカードリーダにタッチしたら、正常に反応します。

当然です。

 

同じように「WAON」の方もカードリーダに読ませてみました。

当然読みました。

カードリーダー

スポンサーリンク


 

さて、電磁波遮断シートとセパレータと違うと言われる方もおられますが、やりたいことは一つです。

こんな風に並べてカードリーダーに読ませてみます。

2枚の定期券を使う

 

ICカードリーダーに交通系カードの方をタッチしたら、ちゃんと読めるのが良いのです。

WAONまで一緒に読んだらエラーになります。

 

それでは、結果です。

ICカードの遮断シート

ちゃんと交通系ICカードだけ読んでくれました!

そして、WAONの方は無視です。

 

 

注意点として、カードは同じ位置にある必要があります。

ずれていると、はみ出した部分を読み込んでエラーになるのです。

カードリーダーは合わせる

「ICカード」「電磁波遮断シート」「ICカード」の順番で重ねて1つのポケットに入れれば、タッチした方のカードを読んでくれます。

逆側のカードを読ませたい場合は、そちら側のカードをカードリーダーに向けてタッチします。

 

表と裏で使い分けるのです。

 

2枚カードがずれていると、ずれた部分のカードを読んでしまいます。

同時に2枚のカードを読むとエラーになってしまうようです。

ずれたらICカードを正しく読めない

 

このように、色々頑張ってもたった1枚の電磁波遮断シートを使うだけで簡単に2枚のICカードを使い分けることに成功しました!

 

 





スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す