お客さんなどの名前を忘れた時の対処法

年齢とともに、物忘れってありますよね。

年齢は関係なくとも「ド忘れ」もあります。

お客さんの名前をド忘れすることがあります。

最悪です。

このとき、失礼のない対処法があるのです。

知っておいて損はないと思います。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


 

お客さんの名前を忘れたら

お客さんの名前を忘れるのは最悪です。

心理学を利用した販売方法などを使うとき、相手の名前を呼ぶなどする必要があります。

「○○さんあっての弊社です~」なんて。

 

この時に名前が分からないなんて・・・最悪です。

この方法はこの最悪の状況を打破する方法です。

 

 

どこでこの方法が活用されているのか

このマイナーながら重要なノウハウはどこで誰が編み出したものでしょうか?

それは、飲み屋のママさんです。

しかも、安いお店ではなく、接待などで使いたくなるような、ちょっといいお店です。

飲み屋のママ

 

クラブのママ(踊らない方のクラブです)は、特別な接客業です。

お店やママの評価が高いと、紹介した人(接待した人)の評価が上がるのです。

他に似たような商売はあまりないと思います。

 

キャバクラ的なお店ではなく、本格的なお店では、ママは数千人のお客さんの名前と顔を覚えていると言います。

しかし、人です。

絶対に忘れないと言うことはありません。

 

問題は「忘れた時にどうするか」です。

 

ママの対処法は次の通りです。

いくつかのステージがあります。

 

ド忘れ度1の時の思い出し方

その名前を忘れたお客さんのジャケットを預かります。

しわにならないように、ハンガーにかけると言うのです。

ジャケットから名前を聞く

スポンサーリンク


 

ジャケットには名前が刺繍されていることがあります。

良いスーツならば刺繍されている可能性が高いです。

 

ママはスーツをハンガーにかけるときに、その詩集の名前を見て名前を思い出すのです。

 

・・・でも、この方法は会社内では難しいです。

お客さんに対して、「スーツがしわになります。ハンガーでかけましょう」なんて言えるわけがありません。

ところが、次の方法はビジネスでも十分使えるのです。

 

 

ド忘れ度2の時の思い出し方

ちょっと忘れたくらいではなく、完全に名前を忘れた時の方法があります。

その方法は確実です。

 

ママ「お名前なんでしたっけ?」

お客さん「○○だよ。やだなぁ、ママわすれちゃったの?」

ママ「ああ、苗字は覚えているわ。下の名前よ。」

お客さん「ああ、下の名前は、□□だよ。」

ママ「ごめんなさい。フルネーム覚えたいのだけれど、ド忘れしちゃって。」

 

いかがでしょう?

「名前を忘れた」と言うマイナスを、「フルネームまで覚えたい大切なお客様」とプラスに持って行きました。

ビジネス上で名前を忘れた時でも、この方法は使えます。

率直に名前を聞きます。

 

相手は名前も覚えていないのかとがっかりします。

その上で、下の名前を聞きます。

ついでに、フルネームの字を書いてもらってもいいでしょう。

 

お歳暮(お中元)を送りたいと思っているのだけれど、下の名前を忘れてしまって・・・と言う方法です。

 

相手も悪い気はしないはずです。

 

ビジネス限定の方法もある

名刺をもらうのです。

いまさら名刺を・・・と思われるでしょう。

若手の社員を連れてくるのです。

「ほら、名刺交換をして」と促せば、自然と名刺をゲットできます。

 

その席で、相手には「すいません、新人教育中で」と前置きをしておきます。

その若手には「頂いた名刺はお客様自身だと思って大切に扱うように!そして、頂いた名刺は机の上に置いておいて話をするんだ。」と若手の教育っぽいことを言います。

 

そして、机の上の名刺をしっかり見るために、その名刺のいいところをほめましょう。

あまり字が書かれていない場合は、「シンプルですね!」。

会社名や部署、キャッチコピーなどがぎっしりの場合は、「ほら、こうやって自社のミッションを相手に知って頂くんだ!」なんて。

 

ちゃっかり、しっかり、名刺の名前を見て思い出してください。

 

ただし、名刺の場合は難しい名前の場合は要注意です。

 





スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


コメントを残す