【iPhoneの買取】iPhoneの買取を+5,000円アップさせた方法

毎年新しいiPhoneが発売されています。

毎年とは言わなくても、2年に1度くらいは買い替えます。

2年後でもある程度の価値があるのがiPhone。

買取りしてもらう方法があります。

その時1円でも高く買い取ってもらう方法があるのです。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


 

iPhoneの買取価格は変動する

iPhoneの買取価格は常に変動しています。

買った瞬間から価格は下がり続けています。

iPhone買取価格は変わる

 

しかも、業者によって買取価格がバラバラです。

言われた価格で売ってしまいそうですが、それが高いのか、安いのか、中々判断が付きません。

損をしないために、この方法を知っておいてください。

 

 

ネットで買取価格を調べる

比較対象がないと、高いも安いもないのです。

ここで○○万円、と記載しても、その価格は常に変動しています。

半年経過したら5,000円程度下がっていることも十分あります。

そのため、参考にすらならないのです。

iPhone の買取

ネットで買取価格を事前に調べておくと便利です。

出来れば複数のお店の簡単WEB査定を受けるのです。

必要項目を入力していくだけで、大体の買取価格が出ます。

 

ライズマーク

iPhoneもスマホも買い取ってくれる。

  携帯買取りのライズマーク

機種の入力はちょっと面倒です。

でも、かなり現実的な金額をはじき出してくれます。

 

ネットオフ

入力すら要らない。

  ブランド品・時計・金・フィギュア売るならネットオフ♪

結構いい値段で買い取ってくれるのでいいかも。

 

オークションでの価格をチェック

ネットの買取価格や実店舗での買取価格が気に入らない場合、ヤフオクで売る方法もあります。

この時にいくらくらいで売れるのかをチェックしておくと、あとあと強気で交渉できます。

 

このときは、「オークファン」が良いでしょう。

  国内のショッピングサイトをワンクリックでまとめて検索【オークファン】

 

オークファンは、過去にヤフオクなどで実際にいくらで落札されたかデータを持っているサイトです。

 

検索するだけでいくらくらいで落札されるか予想価格がわかります。

この場合、15,000円~20,000円くらいでした。

 

実店舗に訪問

ネットで買取りと言うのも一つの手でしょう。

  【格安SIM楽天モバイル】楽天モバイルにiPhoneの下取りを依頼した時の発送方法とトラブル回避

 

しかし、査定価格が気に入らないときは、返送料が自分持ちだったりします。

しかも、3,000円とかありえない高額だったりも・・・

 

ある程度目測を付けてから送るのならば良いですが、失敗したときは返送料を払うことになると言うリスキーな面もあります。

スポンサーリンク


 

とりあえず、ネットでも査定額を入手したら、実店舗に行きます。

実店舗でiPhone買取り

 

ここで、重要なのは訪問した時に「ネットで調べてきました」とか、「友達から聞いてきました」とか、他所で聞いてきたことを伝えます。

買取り会社はたくさんあるので、集客にはすごくナーバスです。

どこから聞いてきたかは、お店にとって重要情報なので、必ず耳を傾けてくれます。

 

そこで、さらに、「高く買ってもらえると聞いてきました」と伝えることで相手は頑張ってくれます。

「ここで2店目です」などと言うだけでお店にはプレッシャーです。

なぜなら、「1店目で買取価格が気に入らないので、断ったことがあると思ってくれる」からです。

しかし、ネットで査定した場合、価格は分かるのですが、送っていないので断ってすらいないです。

 

お店だって買い取りたいのです。

弾がないと売ることはできません。

当然利益も上がらないのです。

実店舗で買取り

 

買取価格1回目

2台持ち込んで、以下のようになりました。

 

1台目:12,000円

2台目:10,000円

合計:22,000円

 

言われたことは、「画面が少し焼けている」とか、「ドット抜けがある」とか、「画面に小さな傷がある」とか、査定的に下がる内容を言われます。

そこで、ちょっと帰るしぐさをしても良いでしょう。

 

買取価格2回目

 

2台で28,000円

 

少し高くなったのですが、満足する価格ではありませんでした。

そこで、自分が考えていた「希望買取価格」を伝えましょう。

ちなみに、ここでは1台15,000円(2台で3万円)と伝えました。

 

ちなみに、箱はあった方が良いみたいです。

iPhone の買取と箱

ソフトバンクの下取りなどでは、箱や付属品は不要となっていますが、店舗での買取や、ネットでの買取の場合は、箱や付属品がそろっている方が良いとのこと。

ちなみに、今回の箱は、持ち込んだiPhoneの物とは違う箱ですが、一応査定にプラスしてくれました^^

 

買取価格3回目

買取価格が現在から変わらない場合は、他のお店に移動するつもりでしたが、「もう少し何とかなりませんか?」とお願いしてみましょう。

先ほど、具体的な金額を提示しているので、その価格か、それ以上の価格にしてくれるかもしれません。

 

2台で32,000円

 

本当は1台2万円くらいで、2台で4万円を超えてほしいと思っていたのですが、最初からは+1万円です。

もう、このお店の限界くらいだと判断しました。

お店も儲けがないと買い取ってくれないでしょうから。

 

まとめ

iPhone の買取は情報戦です。

  1. ネットでの買取価格を事前に調べておく。
  2. オークファンでオークションでの落札価格を調べておく。
  3. 実店舗に持ち込む。

これだけの情報があれば、今現在の実際の相場がわかり交渉が有利になります。

気に入らない場合は、ヤフオクで売っても良いでしょう。

手間を考えなければ、一番高く売れるのはヤフオクみたいでした。

 

 





スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す