【電子レンジでラーメン】驚愕なカップ麺の作り方があった

カップめん、カップラーメンと言えば、お湯を注いで3分待つだけ。

これ以上簡単な調理方法があるでしょうか?

調理器具らしいものも不要で、やかんが1つあればいいだけです。

ところが、ちょっとしたきっかけで、更に簡単な調理方法が存在したのです。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


 

簡単に作り方をお知らせしておくと、「カップめんに水を入れて電子レンジ」で温めます。

通常のカップめんの作り方

今さら確認するまでもないくらい簡単なのですが、比較のために通常のカップめんの作り方を確認しましょう。

カップめんを準備します。

 

あとは、お湯を沸かして注ぐだけです。

そのお湯だって、ティファールを使えばすぐにわきます。

カップめん用のお湯くらいならば、ティファールを使えば、2分~3分程度で沸きます。

 

カップめんにお湯を注いだら、3分待つだけでカップめんが完成です。

 

早く簡単なカップめんの作り方

カップめんのふたを開け、粉スープなどを入れます。

そこに入れるのは水です。

お湯ではなく、水を入れます。

 

注意点としては、ふたを全部取ります。

かっぷめんと電子レンジ

カップめんとしては、半分だけ開けるのですが、ここでは全部開けます。

 

 

そしたら、電子レンジに入れます。

カップめんと電子レンジ

ついでに、たまごも入れてしまいました。

「電子レンジとたまご」・・・と相性が悪いのですが、さらにハードルを上げてしまいました(汗

 

 

電子レンジでタイマースタート。

容器は持つのか!?

たまごは爆発しないのか!?

電子レンジの「キャンセル」ボタンに指を置いたまま待ってみました。

電子レンジとカップめん

 

何分電子レンジで加熱したらいいのか分からないので、「おまかせ」で加熱していたところ、1分半程度した時点で、残り1分20秒。

スポンサーリンク


撮影した時点で1分11秒。

電子レンジとカップめん

 

どんな感じか、中を見てみると、水の部分が沸騰してお湯になっているのが見えます。

電子レンジ内は湯気が見えてきました。

電子レンジとカップめん

たまごは白身の部分が少し白くなっています。

下にお皿を敷いたのは、万が一容器に穴が空いたら掃除しやすいためです・・・

 

チン。

完了したらこんな感じ。

結局加熱時間は3分間。

電子レンジとカップめん

たまごも少し加熱されている状態で、時間経過とともにもう少し火が入りました。

黄身は半熟状態。

電子レンジなので、中から加熱されたのでしょう。

 

スープは熱々です。

麺はカタメン。

 

九州とんこつ味としては、上々なのかも。

 

総調理時間は3分。

袋スープを開け入れる時間を入れても、3分半くらい!

早い!簡単!

たまごは半熟。

白身はゆっくり食べた方が火が入っていい感じ。

 

デメリットとしては、通常の作り方じゃないから、なんかちょっと怖い感じ^^

 

この調理法が大丈夫という検証

この調理法が、大丈夫かどうか論理的に考えておきたいと思います。

予想する心配事としては2つ。

1つ目は、容器が電子レンジ加熱に耐えられるか。

2つ目は、たまごが爆発しないか。

 

容器について

カップめんの容器はPS(ポリスチレン)が多いです。

ポリスチレンとは、要するに発泡スチロールの一種ですが、いくつも種類があるのです。

融点は240度。

240度になったら溶けると言うことです。

 

これを考えると、スープがぐらぐらと沸騰してもしょせん元は水です。

100度より沸点が上がったとしても、数パーセント。

240度まで耐えられるならば、問題なく耐えられるでしょう。

 

ただし、容器のうち、ふたはアルミ箔が張られています。

これは電子レンジ内で火花が出ますので、最初から外しておきましょう。

カップめんと電子レンジ

プラスチックのふたなどあると最高です。

ぜひ使ってください。

 

たまごが爆発しないか

電子レンジにたまごを入れて加熱すると30秒で爆発します。

・・・実験済みです。

 

これは、たまご内の空気が加熱され水蒸気になり、たまごの殻から逃げられずに爆発するのです。

この場合、たまごの殻を割っています。

水蒸気がたまらないので、破裂はしません。

 

ただし、黄身の中の水蒸気が爆発することがあります。

これが気になる場合は、楊枝で数回刺しておくことで水蒸気が抜けます。

爆発を予防できます。(今回はやっていません)

 

以上から、電子レンジ加熱でカップめんを作っても大丈夫そうです。

実験済みですし^^

ぜひ試してみてください。

 





スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


コメントを残す