【電子たばこ】話題のglo(グロー)を吸うのに必要なものをまとめたよ

仙台で限定的に販売が開始されたglo(グロー)ですが、2017年7月から東京、大阪の一部でも販売を開始しました。

もうじき全国発売も控えているようなので、今のうちに何が必要なのか調べました。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


 

「電子たばこは難しい!」そう思っている方も少なくないと思います。

それは、「新しいから」と言えます。

何が必要なのか分かりにくい!

 

そこで、あなたに代わって、しっかり調べておきました。

しかも、実際に買って現物を使って紹介します^^

 

glo(グロー)とは

gloとは、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BAT)から発売された電子たばこの一つです。

2017年8月現在、iQOS、プルームテック、gloの3つがメジャーな電子たばことなっていて、それぞれ違うメーカーから販売されています。

一番人気はいち早く全国販売にこぎつけたiQOS(アイコス)と言えます。

人気の電子たばこアイコス

 

次は、福岡、東京でのみ販売しているプルームテック。

通販で買うことができるのと、煙がほとんど無臭であることで人気です。

人気の電子たばこプルームテック

 

その次に、gloと言えます。

入手性がよくないことから現在の地位に甘んじていますが、今後は分かりません。

人気の電子たばこグロー

今のうちに、何が必要なのか知っておきたいところ。

そして、スタート時にいくらくらいかかるのか?

日頃のたばこはいくらくらいするのか?

すべてこのページで分かるようにしました。

 

gloを吸うのに最初に必要なもの

gloを吸うのに必要なものは、こちらです。

 

  • 本体(たばこヒーター)
  • ネオスティック(たばこ)

 

 

簡単です。

要するに、本体を買って、たばこを買えばいいのです。

 

本体

本体はこんなものです。

人気の電子たばこグロー

ちょっと大きいです。

手荷物と大きさがわかりやすいです。

gloのレビュー

 

上部にスライドがあります。

gloのスライド

ここをスライドさせるとたばこを入れるための穴が出てきます。

gloのたばこをセットする穴

 

 

ネオスティック

ネオスティックとは、要するにたばこです。

ネオスティックはタバコ

2017年8月現在、フレーバーは3つ。

どれもケントです。

今後、ほかにも出る可能性がありますが、少なくともgloがある程度売れないと次は出ないかもです。

 

普通の紙のたばこよりも少し小ぶりな箱と言えます。

持ってみるとこんな感じ。

スポンサーリンク


ネオスティックはたばこ

 

箱は小さいけれど、ぎっしり20本入っています。

ネオスティックは20本入り

 

1本取り出してみるとこんな感じです。

ネオスティック

普通の髪のたばこの半分くらいの細さです。

 

その他、本体の付属品

その他、本体を買ったら、いくつか付属品があります。

gloの付属品

ほとんど紹介する必要もありませんが、USBケーブルと、コンセントからUSBに変換する変換機。

そして、ブラシです。

 

gloは1日1度くらいメンテナンスとして清掃する必要があります。

 

glo(グロー)を吸うための準備

それでは、gloを吸うための準備をしてみます。

本体のスライドを動かして、穴が見えるようにします。

gloのたばこをセットする穴

 

そこに、ネオスティックを差し込みます。

意外にすんなり入る感じです。

ネオスティックをセットするglo

 

根元まで入れます。

gloの準備

 

あとは、本体にあるボタンを押したら吸うことができます。

 

 

gloの仕組み

gloはネオスティックと言われるたばこを本体に挿したら、たばこ部分を360度から加熱してたばこが吸えるようになります。

加熱温度は240度くらいと言われています。

 

1回のフル充電で35本くらい吸うことができます。

 

ネオスティック1本で3分30秒くらい吸うことができます。

途中で吸うのをやめることができますが、再開はできません。

 

 

gloの価格

gloの価格についてお知らせします。

 

本体は8,000円です。

割引価格で5,980円で買うことができます。

いつまでかはわかりませんは期間限定価格です。

 

たばこにあたる、ネオスティックは20本で420円。

 

ちなみに、iQOS(アイコス)は、9,980円。

新しいタイプだと10,980円です。

 

プルームテックは4,000円。

 

ネオスティックのフレーバー

ネオスティックのフレーバー(味)は3種類です。

ネオスティックはタバコ

左から、香ばしいレギュラー。

一番紙のたばこに近いと言われています。

 

真ん中がさわやかメンソール。

要するにメンソール。

女性向けだと言われています。

 

右が強烈メンソール。

電子たばこは、従来の紙のたばこと違って軽いと言われることが多いです。

それをカバーするためか、メンソールが発売されることが多いです。

強烈なメンソールは、重いたばこを吸っていた人用だと言えます。

 

 





スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


コメントを残す