【楽天モバイル】2回線以上契約する時どこにも書かれていない特典と注意点があった

楽天モバイルは、魅力的なキャンペーンを次々展開しています。

オペレータとはチャットも可能です。

そのチャットした時しかわからない特典と言うのが存在します。

しかも、そのまま乗っかったら適用されないと言う落とし穴付きです。

詳しくお知らせします。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


 

WEBでも知らされていない特典

家族でスマホを使う場合、3回線とか、4回線とか使うことがあります。

楽天モバイルにする場合、「回線名義=カード名義」である必要があります。

家族分、3回線とか4回線とかあるのならば、全てカードの名義人のものにする必要があります。

 

そして、この時発生する特典が「事務手数料無料+基本料3か月無料」です。

  楽天モバイル スーパーホーダイ

 

3か月間も基本料が無料になったらかなりお得です。

事務手数料も無料なんてかなりすごいです。

 

実はこの特典、2回線目、3回線目、4回線目・・・と複数契約でも有効なのです。

これはバナーをクリックした専用ページにも案内されていません。

  料金ページ

 

なんと、チャットで対応してくれるオペレータさんだけが案内してくれます。

うわー、お得ーと思ったら罠もあります。

 

「条件」があり、条件が合わないと適用されません。

発動条件と知らされていない条件とは

まずは、

「通話SIMであること」

データSIMの場合適用されません。

 

「事前に専用バナーをクリックすること」

これが1回線目と2回線目の紐づけフラグです。

ちなみに、このバナーは違います。

楽天モバイルと特典

 

まずは、「メンバーズステーション」にログインして、ログインの後に上と同じバナーがあるので、それをクリックする必要があると言うのです。

ちなみに、違うバナーをクリックして申し込んでも適用されません。

注意が必要です。

 

※2017年12月31日更新

スポンサーリンク


カスタマーセンターに電話したら、チャットで聞いたオペレーターさんとの履歴を出してください、と言われたので、提出したら、数日後、後付けで特典適用してもらえるようになりました。

さすが楽天モバイルさん。

ふとっぱら!

 

でも普通、チャットの内容を履歴に残したりしないので、かなり危なかったです(汗

今後は、オペレーターさんにも「適用条件」をしっかり言うように改善されると思いますので、私と同じ問題は起きないと思います^^

条件としては、「1回線に対して、1つしか3か月無料キャンペーンは適用されない」と言うことです。

追加で2回線目、3回線目を申し込み、かつ上記の「3か月無料キャンペーン」を適用させるためには、2回線目を開通させて、その後、3回線目を上記の方法で申し込むと3回線目も適用になると言うものです。

2回線目、3回線目同時ではなく、1回線づつならば適用になり、2回線同時の場合は、片方しか適用にならないと言う意味です。

ややこしい・・・そして、どこにも書かれていない(汗

 

 

1回線目の申し込みは特に受けられる特典がありません。

そこで、「紹介された」ことにすればポイントをもらえます。

 

申込時お得情報

申し込みの時、2回線目を申し込むときは、3か月無料+事務手数料無料のキャンペーンがあります。
ところが、1回線目は何にもないのです。

そこで、「紹介されて」始めたことにすることで、最大1,500ポイントをもらう方法があります。
申し込みの時に「紹介者のユーザID」のところで以下を書くだけです。

 

紹介者のユーザID
ra17100779548

 

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

  • スーパーホーダイ: 1,500ポイント
  • 組み合わせプラン(通話SIM): 1,000ポイント
  • 組み合わせプラン(データSIM): 500ポイント

 

もらったポイントは、月々の基本料や通話料に使えます。
もちろん、楽天市場での買い物にも使えるので同じ申し込むなら100ポイントでももらえた方が良いですね^^

 





スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す