【格安SIM】ソフトバンクから楽天モバイルにナンバーポータビリティしてみる【準備編】

話題になっている格安SIMに乗り換えてみたいと思います。

現在、筆者はリアルにソフトバンクと契約しています。

楽天モバイルに乗り換えるためには、具体的にどのような手順が必要なのか?

実際にやってみたら、思わぬ落とし穴などあるかもしれません。

全て実費のガチレビューをしてみます。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


 

ナンバーポータビリティーとは

そもそも、ナンバーポータビリティーとは、「電話番号が変わらずに他のキャリア(電話会社)へ乗り換える」と言うことです。

ずっと使っている番号をそのままに、新しい電話回電話会社に引っ越すことができる制度です。

費用は3000円くらいかかります。

元のキャリア(この場合はソフトバンク)から請求が来ます。

 

条件としては、現在の電話キャリアが嫌いになったか、見限った時、もしくは、新しく出てきた電話会社の料金が安いと気づいてしまったときに、乗り換えを考えましょう。

スマホとナンバーポータビリティー

 

ナンバーポータビリティーの前に

さて、ナンバーポータビリティーの手続きを始めよう、と思ったときは、乗り換えの前に考える必要があることがあります。

 

期間

それは、「2年縛り」のことです。

iPhoneを契約した場合など、半額になったり優遇を受ける代わりに、2年間の契約と言うものがあります。

期間が終わってから2か月間の間に、この2年縛りの契約を解除しないと自動的にまた2年縛りの刑にされてしまいます。

いつまでの契約なのか、「マイソフトバンク」で確認してみましょう。

 

  マイソフトバンク

 

マイソフトバンクで確認

上の「契約・オプション管理」を押すと現在の契約内容を確認することができる。

 

左の「機種利用期間」は現在の端末の利用期間。

iPhoneを分割していたら、「2年」になったタイミングが、切り替えのタイミングの可能性が高い。

 

注目すべきはここです。

ソフトバンクで確認 ナンバーポータビリティー

 

「更新期間」を見ます。

ここの期間に入っている間は、乗り換えても費用が掛かりません。

逆に、それ以外の期間に乗り換えると、約1万円の違約金を取られてしまいます。

 

名義

ナンバーポータビリティーは、名義変更も同時にすると言うわけにはいかないようです。

例えば、嫁の携帯は嫁の名義になっていたとします。

新しい電話会社では、1人で携帯を複数持っていた方が有利だと言う場合、ナンバーポータビリティーのタイミングで名義も変えたいところ。

ところが、Aさん→Aさんは可能ですが、Aさん→Bさんは、NG。

家族だろうが、兄弟だろうがNGです。

 

あとは、カード払いにしたい時など、本人の口座である必要があります。

旦那さんの口座からまとめて引き落とし・・・ができないのです。

 

そんな時は、先に元のキャリア(この場合はソフトバンク)で名義変更を先にしておきましょう。

ソフトバンクのショップに行く必要がありますが、無料で手続きをしてくれます。

残債があっても大丈夫です。

 

ショップによってはやたら待たされるので、あまり人気のないお店に行けば10分~15分くらいで手続きが終了です。

 

楽天モバイルの方の確認

楽天モバイルのことも少し知っておきましょう。

スポンサーリンク


夫婦で乗り換えを検討した場合、夫婦それぞれ自分の名義でスマホを持っていても良いのですが、「家族割」などがないのであまりメリットがありません。

 

1人で2台目、3台目を契約すると、基本料金が最大3か月無料になり、事務手数料も無料になるキャンペーンがあります。

  楽天モバイル

 

お友達紹介キャンペーンなどもありますが、これは3000円もらえるだけです。

基本料が3か月と事務手数料(たぶん3000円?)が無料になった方が有利と言えます。

 

料金ページをご覧になると分かりますが、「スーパーホーダイ」などかなりお得です。

  料金ページ

 

家族とか関係なく、全ての携帯、固定電話への発信が通話5分以内なら無料なのです。

これまで家族間通話などで、スーパーやショッピングモール内で相手を見失ったとき、気軽に電話で呼び出していたと思いますが、これは「スーパーホーダイ」にすることで解決します。

楽天会員ではない人で、2980円/月。

楽天会員は、1980円/月(1年目)。

会員になるのには、費用が掛かりませんので、その時会員になってもいいでしょう。

 

しかも、楽天会員でプラチナ会員の場合は、さらに500円/月割引で、1480円/月(1年目)です。

ソフトバンクならば、ざっくり8000円/月のところ、1480円/月ですからかなり安い!

(端末の費用は入れていません。念のため。)

 

あ、端末はiPhoneがあります。

  販売端末一覧

 

残念なのは、ちょっと古い機種であること。

6SとかSEです。

 

今のスマホをそのまま使えるので、SEとか6Sに魅力を感じない場合は、現在の物を使ってください。

そしたら、いよいよ1480円/月で電話代が済んでしまいます^^

ポイントが支払いで使える

さらに、楽天ポイントが使えるので、毎月買い物をするなどしてポイントがたまる人、アフィリエイトでポイントをためている人はかなりお得です。

 

申込時お得情報

申し込みの時、2回線目を申し込むときは、3か月無料+事務手数料無料のキャンペーンがあります。
ところが、1回線目は何にもないのです。

そこで、「紹介されて」始めたことにすることで、最大1,500ポイントをもらう方法があります。
申し込みの時に「紹介者のユーザID」のところで以下を書くだけです。

 

紹介者のユーザID
ra17100779548

 

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

  • スーパーホーダイ: 1,500ポイント
  • 組み合わせプラン(通話SIM): 1,000ポイント
  • 組み合わせプラン(データSIM): 500ポイント

 

もらったポイントは、月々の基本料や通話料に使えます。
もちろん、楽天市場での買い物にも使えるので同じ申し込むなら100ポイントでももらえた方が良いですね^^

 

  乗り換える前に絶対やっておくべきことAppleIDの変更

 





スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す