【格安SIM】まずはソフトバンクからMNP(ナンバーポータビリティ)の予約番号を取得してみた

ソフトバンクから乗り換えで、楽天モバイルに乗り換えようとしています。

どんな作業が必要なのかの確認と、今回はナンバーポータビリティを実際にやって「予約番号」を取得してみたいと思います。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


 

ソフトバンクはMNP予約番号が取れるサイトが無い

ソフトバンクは、WEBで簡単にMNP予約番号が取れません。

サイトで調べると色々な引き止めのサイトが出てきます。

ソフトバンクからMNP

 

「ログインする」と書いてあるので、なんとなくログインすると、単に「マイソフトバンク」にログインするだけです。

解約の準備の前に現在の契約を確認しておくのは良いことです。

ログインして確認してみます。

ソフトバンクからのMNP

機種変して2年が過ぎていて、2か月以内が違約金などなく一番解約しやすいタイミングと言える。

 

元のサイトに戻っても、「解約の理由は何ですか?」など何とか引き止める内容が続き、最後まで見てもMNP予約番号を発行するサイトは案内されません。

それもそのはず、ソフトバンクはMNP予約番号を取得するときは、以下の2つしか方法がないのです。

 

  • 電話での手続き
  • ソフトバンクショップでの手続き

 

ちなみに、ショップに行くと、今すぐ解約するとき以外は電話での手続きを案内されます。

ソフトバンクの携帯電話からは「*5533」、一般電話からは「0800-100-5533」へ電話してください、と簡単に案内されます。

 

MNPの注意点
  • 有効期限は、発行した日を含めて15日間
  • 有効期限(15日間)が過ぎても新たに取り直すことが可能
  • 番号を発行しただけでは解約ではない。(乗り換え先のキャリアで開通した時点で自動解約)
  • MNP予約番号の発行には費用はかからない(MNP乗り換え完了で3000円かかる)
  • 複数回線あっても1回の電話で完了できる

 

例えば、2台の回線を持っていたとして、2台とも乗り換えをしたい場合は、1回の電話で2台分のMNP予約番号を発行できる、と言う意味です。

 

電話でMNP予約番号を取得してみる

WEBでは申し込めないので、ここでは電話でのMNP予約番号をもらいましょう。

電話は受付時間があって、受付時間は9:00〜20:00(年中無休)だけになります。

ちなみに、メモ用紙などは不要です。

準備するものも特にありません。

 

ソフトバンクの携帯電話からは「*5533」

一般電話からは「0800-100-5533」

 

音声ガイダンスに従い数字を入力します。
「1」を押します。

 

携帯番号の確認が入ります。

MNPしたい携帯からのTELの場合は「#」を押します。

他の番号の場合は、電話番号を入力します。

 

転出先の携帯電話会社も聞かれます。

「1」Yモバイル

「2」ドコモ

「3」au

「4」その他、MVNO

私は楽天モバイルへの転出を考えています。

「4」その他、MVNO を押しました。

 

4ケタの暗証番号を押す。
※暗証番号がわからない場合(間違えた場合)は、入力せずに待っていればオペレーターにつながるので心配いりません。

 

 ↓

ここでひたすら待たされます。

ネットでのうわさもよくないうわさが多いです^^;

あえて待たせて、解約を留まらせようとしているのかもしれません。

 

まあ、電話代は無料ですので、スピーカフォンで待ちましょう。

スポンサーリンク


日によって、時間によって待っている人の人数が違うのでしょうが、日曜日の14時ごろにかけたのですが、5分、10分、13分・・・といつまでも待たされます。

その間、ピアノの音楽が流れ続けます。

ソフトバンク解約とピアノ演奏

14分を超えた辺りから電話を切る旨案内がされ、一方的に電話を切られます(汗

筆者の場合は、切れたらもう一度かけて、2度目の14分ごろにオペレータさんが出ました。

なんか、不機嫌そうな男性でした^^;

 ↓

オペレータが出たら特に言うことはありません。

・電話番号

・契約者の情報(名前、生年月日)

これらを聞かれます。

普通に答えるだけです。

 

あとは、これらも聞かれます。

・転出先→乗り換え先を言えばOK

・解約理由→「Y!モバイル」を勧められることがある

 

そして、なぜか今の端末を今後も使うか、と聞かれます。

下取りなど考えているのかもしれませんね。

 

この日は、Y!モバイルはこの窓口限定のプランがある、と言われました。

2年間1,000円引きのプランがあり、楽天モバイルのスーパーホーダイよりも安い、とのこと^^

「興味ありますか?」と聞かれたので、「ありません」と回答。

 

別に悪いことをしているわけではありません。

嘘をつく必要はありませんので、事実を伝えましょう。

 

楽天モバイル スーパーホーダイを確認する場合は、こちら。

  楽天モバイル スーパーホーダイ

 

 

料金についても案内があります。

手数料3,000円と消費税。

あとは、プランによっては、日割りできないです、と。

ホワイトプラン以外は日割りできないはずです。

だから、ぎりぎりまで使ったらお得ですよ、と説明されます。

 

乗り換え前(ソフトバンク)と乗り換え先(楽天モバイル)の電話会社とは契約が被らないと電話ができない日ができてしまいます。

スムーズに乗り換えるためには、早め早めに動いた方が良いでしょう。

 

MNPの説明があり、その後「MNP予約番号」をSMSメールで届けてくれます。

完了です。

 

スマホの「メッセージ」のところに、「■MNP予約番号 13-****-****」みたいに番号が発番されています。

有効期限も書かれているのでチェックしておきましょう。

これを過ぎたら、再度予約番号の発番作業が必要です。(料金はかかりません)

 

申込時お得情報

申し込みの時、2回線目を申し込むときは、3か月無料+事務手数料無料のキャンペーンがあります。
ところが、1回線目は何にもないのです。

そこで、「紹介されて」始めたことにすることで、最大1,500ポイントをもらう方法があります。
申し込みの時に「紹介者のユーザID」のところで以下を書くだけです。

 

紹介者のユーザID
ra17100779548

 

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

  • スーパーホーダイ: 1,500ポイント
  • 組み合わせプラン(通話SIM): 1,000ポイント
  • 組み合わせプラン(データSIM): 500ポイント

 

もらったポイントは、月々の基本料や通話料に使えます。
もちろん、楽天市場での買い物にも使えるので同じ申し込むなら100ポイントでももらえた方が良いですね^^

 

  乗り換える前に絶対やっておくべきことAppleIDの変更

 





スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています


この記事を読まれた方はこちらも読まれています

コメントを残す